テニスの試合でサーブが大切ということは何回もお伝えしてきましたが、フォアハンドもその次くらいに重要なショットです。

あなたはフォアハンドの低い打点を打つことができますか?

今回はフォアハンドの低い打点の打ち方を紹介したいとも思います。

スポンサーリンク

意外にも打つ頻度が多い

ラリーや展開で押した時に、浅めの低いストロークが返ってくることって結構多いと思います。

打ち勝っているのだから、チャンスボールとみなしていいでしょう。

しかし、このボールに対してしっかり構えて打たないと、逆にチャンスボールになってしまいます。

そのまま前に出た時には、パッシングショットを打たれてることもよくあると思います。

※パッシングショットとは・・・ボレーをするときに、ストロークで抜きに行くショット。

私はこのパターンが多いです。浅くなると思っていないので、反応が遅れてなんとなく返すだけになってしまっています。完全に準備不足ですね。油断はよくありません。

逆にチャンスボールという認識が強すぎて、強打を選択してしまう人も中にはいます。

後者のほうが積極的でいいですね。ポイントが失っていることには変わりありませんが、、、

あなたは浅いボールに対して、適切な対処ができていますか?

そんなチャンスボールだけど、少し難しいボールなので、低い打点に適した打ち方があります。

低い打点の打ち方

コンパクトなスイング

浅くて低いボールに対しては、しっかりと持ち上げないとネットするし、上に打ちすぎるとアウトします。

そこで必要なのがコンパクトなテイクバックで、ラケットヘッドを加速させること。

低い打点を打つ時は、ほとんどの場合コートの中で打つので、普通にスイングすると飛び過ぎてしまうのです。

ボールを飛ばしすぎないようにするために大切なもい1つが、小さなフォロースルー。

小さいテイクバックでも大きくスイングすると、ラケットヘッドが加速しません。

コンパクトなスイングは

この2つが大切ということです。

ヘッドを立てたスイング

次はボールにスピンをかけていきましょう。

下から振り上げることで、しっかりとスピンがかかります。

ここで注意したいのが、インパクト直後にラケットヘッドを立てること。

ベースラインから打つストロークと違うので、同じように打つと飛びすぎてアウトしてしまいます。

ネットに近い位置からストロークを打っても、ラケットヘッドを立てることで抑えることができます。

前でインパクトする

低いボールに対して体の横に打点をとってしまうと、体が邪魔で窮屈になりスイングができません。

ラケットヘッドを加速させるには踏み込んだ足と同じくらい前で打つことによって、窮屈なくスイングできます。

真ん中より先端で打つ

真ん中より先で打つと遠心力が強くなるので、いつもより強烈なスピンがかけられます。

スピンがかかると自然とボールが落ちるので、飛びすぎることもなくなります。

体から遠くしようとしてスイングが崩れてしまわないように注意すること。

まとめ

低いボールを打つ機会は意外にも多く、ちゃんと打ててない人も多くいます。

しっかり持ち上げてコントロールすることができれば、いいボレーに繋がるので、チャンスをなんとなくで逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事