いきなりですが、テニスをする上でサーブとは、避けては通れないショットになります。

そんなサーブでは、いつもと少し違うだけで、急に入らなくなってしまうケースも多いです。

今回は、いつも通りにサーブが打てるような方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

サーブを打つときに緊張する

緊張するということは、悪い事ではありません。

しかし、緊張することによって体の動きが固くなってしまうのはパフォーマンスにかかわってきます。

人間は緊張すると肩に力が入ってしまいます。

とくにサーブはショットの中でも上にラケットを振り上げるので、肩に力が入っていると、スムーズにスイングすることができません。

そんな緊張して固まってしまった肩をほぐすには、肩を思いっきりあげて力をこめましょう。

これ以上力が入らないくらい全力を出します。

そうすると、肩が疲労して、無駄な力が入らなくなると思います。

これは、筋弛緩といいます。

筋肉に思い切り力をこめることで、逆に緩めることができます。

ドラゴンボールをしっていますか?

戦闘シーンになると、思い切り力をこめて気を高めると思います。

こうすることによって、体の無駄な力みをなくすことができるので、パワーアップします。

これも筋弛緩の一種でしょう。

筋肉を緩めたいときには、全力で力をこめることで、リラックス効果があることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク



スイングで力が入ってしまう

試合になると緊張は誰だってすると思いますが、これは慣れるしか方法がありません。

なんらかのリラックス方法を見つけるといいかもしれないです。

私のおすすめは集中力を高める方法です。目の前のことだけに集中することで、緊張をまぎらわすことができます。

靴ひもを縛り直したり、ガットを均等に整えたり、ボールを見たり触ったり、ちょっとしたことで集中力が高まり、リラックスできると思います。

サーブを打つ前にリズムを作る

サーブだけは唯一自分のタイミングで打つことができるので、集中力を高めてから打つことができます。

サーブにはリズムがないので、打つ前には必ずリズムを作りましょう。

リズムを作る方法として有名なのがルーティーンワーク。集中力を高める方法として効果的です。

※ルーティーンとは、儀式のことで、ご飯を食べる時にいただきますとやるのと同じようなものです。

打つ前に、ボールをつくとか、つく回数を決めておくなど、いつも同じ行動を取ります。

集中力を上げる上で大切ですので、自分なりのルーティーンを見つけるとサーブに入りやすくなるでしょう。

ナダルのルーティーンを見たことがありますか?

ナダルは、ポイント間の25秒を時間いっぱい使って、サーブまでに集中力を高めています。

プロでも、サーブを打つ時は難しいということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク



トスがバラバラになる

安定したトスを上げるには、ゆっくり上げることが大切です。

トスを上げる時に、どこに上げるかを考えて、その場所を見ながら上げることによって、正確にあげることができます。

ボールの持ち方は、手にそっとおいてあげるくらいがいいですね。

しっかり持ちすぎてしまうと、離すタイミングがずれてしまったり、力が入りすぎて思ってもいないところに上げてしまいます。

上げる時は、肩を支点にすると安定します。

手首を使って上げたり、ひじを曲げて上げると、いろんな場所を使うので、余計な力が入ってしまい安定しません。

また、トスを上げる練習をする時は、ラケットを持った腕も、一緒に上げて実際に打つ時と同じ感覚で上げる練習ができます。

トスだけの練習をしていると、ラケットを持った時に、練習と違くて上げづらくなってしまいます。

体全体は繋がっているので、動きを連動させて、より実戦に近い形で行うことが大切なんですね。

ネットに引っかかる

いつもネットに引っかかってしまう人も少なくないです。

これは目線だったり、顔の向きが原因であることが多いんですね。

顔が下に向いてしまったりすると、ラケットも下に向かってスイングしてしまいます。

あまり上を向きすぎていても力が入らなくて困りますが、顔は斜め上を向き、目線を打点に向けておくと、しっかりスイングできます。

頭と体は神経や筋肉はつなっがていて、少し動いただけでも体は反応するようになっています。

たとえば、上を向くだけで背筋はまっすぐなると思います。それだけ頭の向きが大切なことが
わかります。

スポンサーリンク



ダブルフォルトしかしない

そんなプレーヤーも少なくないです。

サーブは唯一自分から攻めていけるショットなので、もったいないですね。

そんなこと言っている私もその一人で、ショットの中ではサーブが一番苦手です。

まず原因としてあげられるのはトスです。トスが毎回バラバラでは、打つ場所やスイングが毎回違うことになります。

まずは、このトスをしっかり上げられることによって、しっかりとしたスイングができ、振り切れるようになります。

それと、トスがしっかり上がってもタイミングがずれていては、思うように打つことはできないでしょう。

では、どうしたらいいトスが上げられるのでしょうか?

トスとタイミングの2つをふまえた練習をしていくことが大切です。

段階別の練習でしっかりとインパクトさせていきましょう。

正しいトスと正しいタイミングがインパクトに直結していきます。

インパクトという言葉も非常に大切になってきます。

なぜなら、テニスというスポーツでは、ラケット面でボール打つからなんですね。

回転をかけるときもラケット面で行うので唯一ボールと接触できるラケット面が重要だということです。

つまり、インパクトが大事とはその言葉のとおりです。

まずは簡単なところからやっていきます。

サーブを1から見直す

1.羽子板のように打とう

最初は、とくに構えずに羽子板のように打っていきましょう。

もちろん意識するのはインパクトです。しっかりラケットの真ん中でボールをとらえていきましょう。

これなら誰でも簡単にできると思います。

2.ラケットを担いで打つ

次はラケットを肩にかついだ状態からスタートしていきます。先ほどの練習よりは難しくなりますが、しっかりインパクトに意識しましょう。

狙った場所にコントロールできるようになるまでは続けてください。

これができるようになったら最後のステップです。

3.横を向いた状態から打つ

今度は横を向いた状態からスタートしましょう。

体のひねりも加わり、動作が多くて難しいと思いますが、一つずつ集中してこなしていきましょう。

インパクトでは体が動作した分のパワーが全部伝わるので、一つ一つの動きが大切になります。

ここまでできるようになったら、あとはジャンプするかしないかです。

できることならジャンプした方がスピードやパワー、回転などのあるサーブを打つことができます。。

覚えたての頃は、自分のペースでやりやすい方を選んでください。

まとめ

サーブはとくに難しいショットなので、簡単なことから始めて、成功体験を積み重ねていきましょう。

小さな成功を積み重ねることで、難しいこともできるようになってきます。

また、できるという認識をすることで、サーブの苦手意識がなくなります。

スポンサーリンク

よく読まれる記事