あなたは試合をどのように進めていこうか、具体的な戦術を決めていますか?

「スピンで相手を振り回して、チャンスがきたら攻める!いつもこんな感じの戦術かな」

このような人もいれば、フラット系でどんどん攻めていく人もいます。

でもこれって、戦術というよりは、ストロークの精度に意識がいきませんか?

ということで、戦術よりも大切なことについて、お話したいと思います。

スポンサーリンク

戦術は大切だけどこだわるな!

冒頭で言いましたが、戦術は人それぞれで違いますが、スピンで攻めていくとしたら、スピンをしっかり打つことを考えると思います。

自分が準備したとおりに進めることができれば、勝てるって信じてるから。

でもそれって半分あってて半分間違ってるんじゃないか?って思うんです。

もしですよ?もし自分が打てる最高のスピンが打てたとします。

振り回してるつもりでもコースを読まれて完璧に狙い撃ちされたらどうですか?

それだけで一気に不利な状況になると思います。

そのため、自分のストロークに意識を向けすぎると、うまくいかないことが多いんです。

もちろんある程度の戦術を用意することは大切ですが、こだわりすぎるのは逆効果ってことを覚えておいてください。

戦術より大切なのは、相手にコースを読ませないこと

先ほど戦術にこだわりすぎるな!戦術よりも大切なことがある!と言いましたが、それは相手にコースを、読ませないことができるかどうかです。

試合に勝てるかどうかって、相手の逆をつけるかどうかだと思いませんか?

強いストロークがくるかと思ったらドロップショット。

オープンコートに打ってくるかと思ったら、同じコースにもう1本。

逆をつくことができた時って、たとえ完璧なストロークではなくても、1本で有利になれます。

リスクがあるようなストローク、自分が思う完璧なストロークを打つ必要がないってこと。

これが毎ポイントできたら、簡単に勝つことができるでしょう。

そのためには、相手の動きやポジションを見る、コースを読まれないような打ち方を覚える必要があります。

これは決して簡単なことではありませんが、勝率は格段に上がります。

強いストロークを持っていない人が、強いストロークを持っている人に勝っているシーンを見たことはありますか?

これは、相手にうまく打たせることをさせなかったから。つまり、相手は自分の打ちたいストロークを意識しすぎてミスが増えた。

しかも、相手よりもリスクがないテニスができたからの結果です。

そのような人って、相手を見るのがうまいんだと思います。

この結果からわかることは、完璧なテニスをしなくても、試合に勝つことができる。

常に完璧なストロークを打つためには、どれだけ練習をしても習得には時間がかかるし、正直テニス人生全てをかけても難しいことかもしれません。

試合に勝つことだけを考えれば、相手の逆をつくテニス。試合の流れから、ベストな選択ができるようになる能力を身につけるだけです。

完璧なストロークを追い求めるよりは、はるかに短時間で身につけることができるし、強くなるためには必要な能力になるでしょう。

>>基本の戦術を忘れてない!?効率のいいポイントの取り方

まとめ

以上の説明で、戦術は大切だけど、勝つためにはコースを読ませないテニスが重要だとわかっていただけましたか?

もちろん戦術は大切で、あなたの武器を育てていくことはしなくてはいけません。

でもそれだけでは、いつまでたっても勝ち方が身につかないので、相手を迷わせるテニスを身につけましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事