あなたはスピンサーブを安定して打つことができますか?

よく見かけるのが、フレームに当ててしまうミス。正しいインパクトができていないことがわかります。

今回は、スピンサーブを安定させるためのコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スピンサーブの体の使い方

1.ひざを曲げる

スピンサーブは他のサーブに比べて、下から上にスイングしなければなりません。

しかし、打点の高いサーブでは下から上にスイングすることは難しいです。

例えば、ストロークで低い打点を下から上にスイングするのは簡単ですが、高い打点で下から上にスイングするのは力が入りにくいですよね?

それと同じことが言えます。

なので、スピンサーブを打つときには、しっかり地面を蹴るためにひざを曲げる必要があります。

2.体を大きく反る

スピンサーブは、下から上にスイングしていくので、少しでも体が上を向いていた方がスイングしやすくなります。

そこで、1と同様、ひざを曲げて体を大きく反ること。

体をそることで、胸からボールに向かっていくことができるので、上にスイングしやすくなります。

ここで気をつけたいのが、ひざを曲げずに腰からそってしまうこと。

それでは腰に負担がかかり、バランスも崩しやすく痛めてしまう場合があります。

3.左腰を前に出す

体をそることが難しい人は、左腰を前に出すとうまくいきやすいです。

左腰を前に出すと、バランスを崩しやすいため、ひざがしっかり曲がりバランスを取ろうとします。

その中で、ひざの使い方を覚えていくのが良いでしょう。

4.左足体重でジャンプ

ひざを曲げて体をそると、バランスを取ろうとして、右足体重の状態でジャンプしてしまいがちです。

これでは、ただ上にジャンプするだけの力しかないためボールに勢いをプラスすることができません。

必ず左足体重で構えてジャンプしていきましょう。

5.左手で開きを抑える

スピンサーブは、サーブの中でも唯一体を開かずに打つサーブ。

なぜなら、スピン回転をかけるには、後ろから前にかかる力を出来る限り抑える必要があるから。

抑えることができないと、フラットサーブやスライスサーブになってしまいます。

そこで、体の開きを抑えるためには、左手と体の前に持ってきましょう。

そうすることで、左手が邪魔になり体は回転することができなくなるので、開きを抑えることができます。

6.右足を横に上げる

スピンサーブは、体のひねりを大きく使えないので、スイングスピードが上がりません。

そこで、インパクトの後に右足をスイング方向と同じ方向に出していきます。

そうすることで、振り抜きが良くなり、スムーズなスイングで、スイングスピードを上げることができます。

また、バランスをとりやすい形になるので次のショットにも対応できます。

スポンサーリンク



スピンサーブの手首の使い方

1.手首が伸びないように角度を作る

まず、なぜ手首に角度を作らないといけないのかというと、スピンサーブでは、インパクトに向かって手首が伸びやすく、ミスヒットしやすいサーブだから。

縦回転をかけるには、ラケットを振りあげる必要がありますが、その時に遠心力で手首がラケットに負けて、伸びてしまいます。

その方が、スイングスピードが上がって良いと思う人もいるでしょう。

しかし、そのスイングではインパクトの安定性がなく、ラケットを返していくのも難しくなります。

そのため、むしろスイングスピードが遅くなってしまうのです。

スピンサーブは、主に2ndサーブで使われるので、ミスは絶対が許されないショット。

そのため、毎回しっかりインパクトできないスイングでは、自信を持って打つことができないだけでなく、いつになっても安定性を手に入れることができないでしょう。

2.打点は頂点よりも下でインパクト

サーブは、なるべく高い打点で打つと思われがちです。

しかし、スピンサーブでは高い打点で打つと回転をかけることができません。

なぜなら、スピンサーブは下から上に持ち上げるようにスイングしなければなりませんが、高い打点で打つとそれ以上上に打つことができないのです。

そのため、スピンサーブを打つときには、1番高い打点ではなく、ボールに2球分低い打点で打つと、振り上げることができ縦回転をかけられます。

3.打った後に手首を返す

インパクトに向けて手首が動いてしまうと正確に打つことができません。

なので、手首はインパクトした後に動かしましょう。手首を返していくことで、スイングスピードが上がります。

スピンサーブは、下から上に振り上げていくので、他のサーブとはスイングや手首の使い方が異なります。

そのため、インパクトでは手首を返してはいけません。

だからといって、手首を全く使わないスイングではスイングスピードを上げることができないので、鋭さが出ません。

なので、インパクトの瞬間に手首を返していくようにして、スイングスピードを上げましょう。

他のサーブとは違うので、最初はスムーズにスイングすることができないと思います。

なので、しっかりインパクトができるようになったら、手首をターンさせていくのがいいでしょう。

>>スピンサーブ=薄いグリップは間違え!!

まとめ

スピンサーブは他のサーバと異なるので習得までに時間がかかります。

しかし、安定した2ndサーブを手に入れるにはスピンサーブを打てるようになることが必要です。

まずは安定して打てるようになることから始めましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事