あなたはキックサーブを聞いたことがありますか?

キックサーブはスピン系のサーブで、スピンサーブとは逆に跳ねます。

2ndサーブだけでなく、1stサーブでも武器になるサーブです。

今回は、キックサーブの打ち方について説明したいと思います。

スポンサーリンク

キックサーブとは?

スピンサーブのような縦回転がかかっていて、大きく落差のあるサーブ。

私は「テニスの王子様」世代ですが、その時はツイストサーブと呼ばれていました。

しかし、いつしかツイストサーブに新しい名前がついてキックサーブと呼ばれるようになったようです。

スピンサーブとは何が違う?

スピンサーブとキックサーブの軌道にほとんど違いはありません。

「パッと見何が違うの?」

と思う人も多いでしょう。

違いはバウンドした後にあります。

スピンサーブと大きく違うのは、サーバーから見て右側に跳ねること。

スピンサーブを含めた他のサーブでも利き腕の反対側に変化します。

ほとんど同じ軌道を描いているのに、跳ね方が違う理由が気になります。

逆に跳ねる原理

スピンサーブと同じような回転ですが、縦回転を抑えて、横回転を加えています。

持ち上げながら横回転をかけるように厚く当てていくので、他のサーブとは違うねじれが起こります。

このねじれたような回転がバウンドした時に、他のサーブには起こらない逆に跳ねる現象が見られます。

これがキックサーブの正体。

キックサーブが打てると試合に勝てる

まずキックサーブを打てる人が多くいないので、リターンし慣れていない場合があります。

それにスピンサーブと同様に高く弾むので、返しづらいのもポイント。

ゲームポイントの多いアドバンテージサイドなら、コートの外に追い出すこともできます。

回転がかかっているので、確率も高くキープでき、1stサーブとしても使える攻撃力を持っているのも魅力。

サーブ&ボレーをする人にも適していて、スピードが遅いので前につめやすく、弱いボールが返ってきやすいです。

また、スピンサーブと組み合わせることによって、相手を惑わすことができるので、キープするのが簡単になります。

>>スピンサーブを安定させるための体の使い方6つ!!

スポンサーリンク



キックサーブの打ち方

体を横向きをキープ

基本的にはスピンサーブと同じで、縦回転の要素があるキックサーブでも体を横向きにキープした状態でインパクトします。

インパクトの後も横向きをキープするため、スピードを出すことはできませんが、持ち上げてこするための絶対条件になります。

ボールの左下をインパクトし、厚くこする

インパクトする場所もスピンサーブとほとんど同じです。

しかし、場所は同じでもインパクトの仕方に違いがあります。

スピンサーブの時には、こするようにインパクトしますよね?

キックサーブでは、厚く当てながらこすります。

厚く当てるには、プロネーションを使ってボールをとらえる必要があります。

厚く当てすぎると、回転がかからずに飛んでいってしまうので注意してください。

まとめ

キックサーブは打つのが難しいですが、リターンも難しいです。

打てるようになれば、1stでも2ndでも使えるサーブなので、チャレンジしてみてください。


当サイトでは、テニスに関する情報を経験をもとに、あなたのテニスに対する悩みを改善できるよう、わかりやすく説明しています。

運営者情報はこちらから


スポンサーリンク

よく読まれる記事