あなたはトップスライスサーブを知っていますか?

トップスライスサーブは1stにも2ndにも使うことができる万能なサーブです。

あなたはサーブが不安定な時、どうやって対処していますか?

トップスライスサーブだったら、サーブが安定しない時にも、きっと役に立ちます。

今回は、トップスライスサーブの打ち方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トップスライスサーブとは?

トップスライスって聞いたことがありますか?

トップスライスはサーブの1つで、スピンサーブとスライスサーブの間の回転がかかったサーブです。

スピンサーブは体の使い方が難しく、できない人も多いので、そんな時に使えるのがトップスライスサーブ。

トップスライスなら、スピンサーブほど体を大きく反らさなくていいので、打ちやすいです。

また、スライスサーブよりも縦回転に近いので、落差がありアウトしにくいサーブなんですね。

まずはトップスライスサーブを見てみましょう。

トップスライスのメリット

1stでも2ndでも使える

トップスライスサーブは、縦回転がかかっているサーブなので、2ndサーブにはもちろん、1stサーブにも使うことができます。

ブレークポイントを握られるなど、緊張した場面ではサーブを打つのが怖いですよね?

そんな時にぴったりなのがトップスライス。

入れにいくような弱々しいサーブではないので、緊張した場面でも安定感を保つことができます。

プロでもこのような場面では、少し回転を重視したようなサーブを打っているシーンを見ます。

1stサーブが入ることで、相手にプレッシャーがかかり、リターンをミスすることもあります。

変化を変えることができる

トップスライスは、バウンドの変化を操ることができます。

サーブの起動は曲がりながら落ちるのに、バウンド後は跳ねたり曲がったりします。

同じ起動で飛んできたボールが違う変化をしたら、リターンの判断に迷いますよね。

ちゃんとリターンさせることができないので、チャンスボールになりやすくなります。

スポンサーリンク



トップスライスの打ち方

ボールの右上を打つ

トップスライスはスピンとスライスの間ということで、インパクトはその中間になります。

スピンが1番安定したサーブですが、一般のプレーヤーで体を反れる人は少ないので、逆に安定しません。

反れない人でも縦回転をかけるぎりぎりがトップスライスです。

スライスよりも上をインパクトしますが、ここなら体を反らすことなく打つことができます。

腕全体を使ってトスを上げる

安定したサーブには、安定したトスが必要です。

ボールの右上をインパクトするには、トスを頭の真上に上げます。

トスを頭側に上げようとすると、コントロールが難しくなり、上げたい位置はわかっているのにできない人もいます。

そこで、腕全体でトスを上げるようにしましょう。

手首などの細かい部分が動かないので安定します。

どのサーブでも手首を使って上げている人は、安定しないと思うのでサーブも安定しません。

>>トスが安定しない方はこちら

プロネーションで回転をかける

回転をしっかりかけるには、プロネーションを使って打ちましょう。

回転をかけようとすると、巻き込むようにスイングする人が目立ちます。

さらに、回転ばかりかかったサーブは、変化したとしてもスピードがないため、対応されてしまいます。

ボールの右上を普通にインパクトしようとすると、ボールは下に飛んでしまうので、フレームを右上に入れてプロネーションを使うようにしましょう。

スポンサーリンク



ボールの変化を変える

  • 跳ねさせたければ体を閉じる
  • 曲げたければ体を開く

これは、完全にスピンサーブ、スライスサーブと同じです。

スピンサーブで体を開いたら、うまく跳ねません。

また、スライスサーブで体を閉じていたら、曲げることができません。

体の回転をコントロールすることで、バウンド後の変化を好きなように操ることができます。

まとめ

トップスライスサーブは、サーブが不安定になっている時にも、安定感を出してくれます。

試合中の緊張した場面や、試合前日に安定しなくなった時にも、代用するとができるサーブです。

いつでも入るサーブとして、いつでも打てるように持っておきましょう。


当サイトでは、テニスに関する情報を経験をもとに、あなたのテニスに対する悩みを改善できるよう、わかりやすく説明しています。

運営者情報はこちらから


 

スポンサーリンク

よく読まれる記事