あなたは速いサーブを打つことができますか?

私やあなたを含め、

  • もっと速いサーブが打ちたい
  • エースを取りたい

といった願いを持っていますよね。

強いサーブが入ればそれだけでサービスゲームを支配できるし、試合において大きなアドバンテージになります。

しかし、サーブのスピードをアップさせるのは難しく、いくら思いっきり打ったところでたいして速くならないと悩んでいる人が多いのが事実なんですね。

私のクラブの中でも同じことを思っている人もかなりいます。私だってその1人です。

その一方で、あまり意識しなくても鋭いサーブを打てる人もいます。

今回はサーブの速い人の共通点について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

サーブが速い人の共通点

速く打てる人は、自分がどうやって打ってるのかわかっておらず、しっかり振りきるとしか言わないので、なにが違うか探しました。

サーブ練習をみていて、速いサーブを打てる人と打てない人には共通点がありました。

それは力があるとか非力とか関係なく、みんな共通しているのでこれができれば誰でも打てる可能性があるということです。

共通していることは2つ。

  • 左手を高く上げる
  • 右腕をひねる

サーブが速い人に共通していたのはこの2つです。では、この2つについて説明します。

左手を高く上げる

サーブで鋭く打つことができない人の多くは、右腕だけでボールを打っていることです。

もちろんラケットを持っている右腕を使うのですが、パワフルに打つにはスイングを大きくして遠心力を最大限使うことが必要なんですね。

そこでトロフィーポーズのときに左手を高くあげて、左肩を支点にスイングします。

左肩を支点にすると、右肩と入れ替わるので右だけを意識してスイングする時よりも大きくスイングしていけます。

これなら打つ人のパワーに関係なく、遠心力で打っているので、非力な人でも威力のあるサーブを打つことができますね。

右腕のひねりを使う

鋭さだけでいうなら、特に大事なのが腕のひねりです。

サーブを鋭く打てていない人のほとんどができていないですし、ひねるという動作によってボールが変な方向に飛んでいくと勘違いしている人も多いです。

まっすぐに飛ばしたければそのままスイングすればいいが、腕のしなやかさが使えず力強いサーブにはなりません。

人間の腕はひねることによって最大限の力を発揮するようにできています。手のひらを外側に向けると筋肉をフルに活かすことができます。

テニスでいうプロネーションですね。

鋭いサーブを打つには腕のひねりが必要ですが、この力を最大限に使うためには腕にゆとりを持たせること必要です。

ひじが伸びた状態でひねろうとしても筋肉のひねりが小さくなってしまい、パワーが出せません。

そのため、打点は低くなりますが、少しひじにゆとりを持たせておくと、スイングが加速するので、鋭いサーブが打てるというわけなんですね。

>>力がなくてもエースが取れるフラットサーブの打ち方!

まとめ

今回わかったことは2つ。

  • 左手を高くあげること
  • 右腕をひねる

いつもは私が意識していることだったり、経験したことの説明ですが、今回はクラブのみんなの統計なので、他のクラブのみなさんも同じことが言えると思います。

テニスはやるだけでなく、見るのも勉強になるので、待ち時間の時も観察してみてはいかがでしょうか。

>>サーブのスピードが出ない時はここがおかしい5つ!

スポンサーリンク

よく読まれる記事