あなたはスピンサーブを打つことができますか?

スピンサーブはサーブの中で1番難しいと思います。そのため、スピンをかけられてない人がいっぱいいます。

今回は、スピンがかからない原因と対策について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スピンサーブは2ndサーブとして重要

強いサーブが打てたらかっこいいですね。それだけでなく、もちろん試合も有利に進めていくことができます。

速いサーブは打てるけど、安心して打てる2ndサーブを持っていないと人は結構多いと思います。

多くの人がフラットサーブとスライスサーブは打てますがスピンサーブが打てません。

それはなぜでしょう?

あなたはサーブでスピンをかけることができますか?スライスみたいな回転になっていませんか?

>>超安定の80%入るトップスライスサーブ!

スピンサーブにならない原因と対策

スイング方向を間違えている

まずスピンサーブは他のサーブと違って、下から上に打っていく要素が強いことがあげられます。

あなたは前に振っていませんか?

前に振ることでいいサーブ、速いサーブを打つことができますが、スピンサーブでは、速く打つことが目的ではありませんので、そこは注意してください。

まずは思い切って上にスイングしていきましょう。

スピンはかかりましたか?

縦回転になっているか確認してください。

ネットに近いところから始めてもいいので、しっかり回転がかかっているか、弾んでいるかを認識することが大切です。

毎回確認しながら、徐々に距離を遠くしていきましょう。

目標はベースラインから打てるようになることなので、そこまでできるようになったら、フォームの中で打っていくだけです。

そこでかからないとなると、フォームに原因があるように思います。

極端に言ってしまえば、体が横を向いた状態でスイングできれば、スピンがかからないということはありません。

しかし、横向きというのが結構できていない人がいるので、あなたにも共通して言えるのではないでしょうか?

インパクトの時に横を向いていればスピンがかかるのだから、トスを上げた手を引くときに、体の右側に持ってくると横向きをキープできます。

打つ時の構えの時点で、すでに横を向いてもいいでしょう。かなり掛けやすくなります。

>>スピンサーブの回転量をアップさせるためのポイントを詳しく解説!

上にスイングしづらい

上にスイングしづらい原因として膝が曲がってないことはありませんか?

膝を曲げると、上体が少し上を向くのがわかりますか。そうすることで上へのスイングに導くことができます。

体に柔軟性があるという人、自信があるという人は上体を反ってあげると、さらに上に向かってスイングしていけます。

これは結構苦しいのと、腰に負担がかかってしまうので、不安のある人はやめておきましょう。

打点は頭の真上くらいが適してると思います。

打点が頭より後ろ過ぎるから、腰にまで負担がかかってしまうのです。

まずは横向きのキープを意識して、スピン回転をかけられるようにしましょう。

まとめ

スピンサーブは高い技術力が必要なサーブですが、感覚がつかめてしまえば打つことはできます。

覚えるまでが時間がかかるということです。

私もスピンサーブを習得するのが1番最後でしたし、なかなか覚えられませんでした。

2ndサーブは安定感が必要なので、ぜひスピンをかけられるようにしたいですね。

スポンサーリンク

よく読まれる記事