スイングがぎこちない、スイング中に引っかかりがあってスムーズにスイングできない

それは肩関節のことを理解できてないのが原因かもしれません。

スムーズかつ力強いスイングにパワーは必要なく、肩の動きを理解できれば、誰でも簡単に身につけることができます。

スポンサーリンク

腕は耳の近くを通ってはいけない

スマッシュだけでなく、サーブの時にもありえるミスなんですが、スイング中に耳の近くを通っているケース。

これでは肩の動きのメカニズムを無視しているので、スムーズにスイングできなくて当然です。

ちゃんとしたコーチに教わっているなら、間違えた時点でアドバイスをくれると思いますが、独学でしかテニスができない環境にあるなら、知らずのうちに間違えているかもしれませんね。

スムーズなスイングは体の回転を使うことで生まれるので、耳の横を通るほど腕を上にあげてしまうと、打点は高くなりますが、非効率なんですよね。

インパクトの精度も落ちるし、コントロールもパワーも落ちます。

もし耳の近くを通しているなら、まだまだ伸び代があるので、レベルアップできそうですね。

打点を右にすればスイングも変わる

スマッシュ

引用:試合に勝てるテニス上達術!!

スイングが耳の近くを通ってしまうのは、打点が頭の真上になってるからで、打点の位置を変えれば自然とスイングも変わってきます。

いくらスイングを変えたとしても、打点が変わらなければ、結局は打点に向かってスイングしていくわけですから、いつになっても直らないのです。

腕を耳から遠ざけるには、打点を頭の真上よりボール2個分くらい右に変えましょう。

これなら自然と耳から離れそうですよね。

スイングもしやすくなるので、楽に簡単にパワーを伝えやすくなり、今までより決まる場面も多くなります。

軽くスイングしてスムーズに鋭いスイングができていれば、なにも問題ないありません。

まとめ

スイングがぎこちない方への1ポイントアドバイスでしたが、あなたは当てはまりましたか?

もし当てはまったら、スマッシュがレベルアップできるので、ぜひ打点を右に変更してみてください。

続いて、スマッシュを失敗しないための打点とは?正確に打つには正しい打点を覚えることが必要も関連しているので、ぜひ目を通してみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事