スピンをかけるプレイヤーはよく見かけますが、ほとんどの人がかすれたようなスピンになっていることが多いです。

あなたのスピンはかすれた当たりになっていませんか?

今回は、フォアハンドのスピンとスピードを両立させる方法を紹介します。

スポンサーリンク

こすっているだけの人が多い

スピンプレイヤーじゃなくても、スピード感あるショットを打つにはスピンをかける必要があります。

さらに最近のラケットでは反発力が強くなっているため、ボールがよくとびます。スピンがかけられなければアウトしてしまいますね。

だからといって軌道の低いショットを打てば、ネットするリスクがあり、スピンをかけられなければ、安定感あるショットはいつになっても打てません。

しかし、スピンをかけるとかすれた当たりになってしまう。

そんなふうに思われる人もいるでしょう。

ボールをこすって打っている間は、ストロークが安定しないし、スピードだって出せません。

強いストロークを打ちたいなら、正しい打ち方の知識を身につけなければなりませんね。

>>ストロークで薄い当たりはよくない!?フォアハンドで厚い当たりとは?

スピードとスピンを両立させるポイント

面の向き

スピンをかけることじたいは、下から上にスイングすれば誰でもできます。

ただそれだけの動作でスピンをかけることができますが、より強いスピンをかけようとした時に、インパクトでラケット面が下に向いて
かぶせるような形になっている人を多く見かけます。

これがかすれた当たりになる原因です。

かすれた当たりになるだけでなく、ミスヒットまで引き起こしやすくなるでしょう。

プロの選手がかぶせてるように見えますが、それは当たった後のことで、インパクトでは地面に対して垂直に近い当たりになっています。

手首の脱力

スピンをかけるには、ある程度速いスイングが必要です。

よく力を入れて打つ人がいますが、これだとスイングが遅くなります。力が入った筋肉は固まってしまい、ムチのように腕をしならせることができなくなります。

手首に力を入れないと、面の向きが安定しないと思う人もいるでしょう。

これは手首の角度を体で覚えるしかありません。

スイングの速い人は共通してリラックスしているので、速いスイングをしたければ、脱力はかかせないのです。

>>フォアハンド 手首の正しい使い方を理解しよう!

前にスイング

スピンのかかるスイングをイメージすると、下から上にスイングしますよね。

しかし、それを強調しすぎるのもパワーのないショットになってしまう原因の1つです。

スピンとスピードを両立するには、インパクトの後も、前にスイングしてパワーを乗せていくのが大切です。

ボールを押すイメージを持つとわかりやすいと思います。

実際にインパクトは一瞬ですが、この一瞬でどのようにするかで、そのショットが変わってきます。

その一瞬を長く取るためにもボールを押していくようにスイングしましょう。

フォアハンドでは少しだけ体を後ろに反らす

フォアハンドでは、バックに比べてパワーを出しやすいので、強いショットを打てば、それだけアウトになりやすくなります。

そこで、胸を反らすようにして体を反らしましょう。

体を少しだけ後ろに反らことで、上にスイングすることができ、よりスピンをかけることができます。

体重を残すことにもなるので、軸がブレにくく、安定したスイングをすることができるので、よりパワーあるショットになります。

また、打点を前にとることで、大きなスイングができるんですね。

打点が後ろになると、窮屈なスイングになってしまい、フォロースルーを大きくとることができなくなります。

フォロースルーは、ショットのパワーを出すために必要なので、打点を前にとって、大きくスイングできるようにしましょう。

>>軸を使ったフォアハンドストロークを詳しくみる

まとめ

安定してポイントを取るには、スピードとスピンが必要です。

そして、この2つを両立させるには、ポイントを抑えて正しいスイングをしましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事