テニスにおいてもっとも大切なことは、試合を最後まで戦い抜くための体力なんじゃないでしょうか。

体力があれば、試合の後半戦になってもバリバリ動くことができるし、負けていても逆転できる可能性があります。

そんなテニス専用の体力作りにもってこいの練習メニューが振り回し。

振り回し練習にも、いくつか種類があるので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

3種類の振り回し練習

  • しっかり走れば構えることができる振り回し
  • 構えられる時間はないけど、なるとか追いつける振り回し
  • 全力で走ってぎりぎり追いつける振り回し

振り回しと言っても、ただ振り回せばいいというわけではありません。

しっかりと目的を持って練習することが大切なんですね。

では、上記の3つについて詳しく説明していきます。

しっかり走れば構えることができる振り回し

これは走らされた上で、返すだけじゃなくて、しっかり構えて打つことを体に覚えさせるトレーニングになります。

疲れていたとしても追いかければ構えられる時間があるので、しっかり打ち込むことができます。

しかし、さぼった時にはすぐにバレてしまいます。

自分でも少し諦めた時点でわかってしまうので、ほとんど自分との戦いなんですね。

しっかり追いつこうとすクセがつけられるのがいいです。きつい練習ですが、その意識が大切ないい練習です。

追いつけるはずが、準備不足で打ってしまう場面が少なくないでしょう。この練習をすればこのようなことを回避できます。

構えられる時間はないけど、なるとか追いつける振り回し

これは構えられる時間がないので、しっかりは返せませんが、クロスやストレートにコントロールするという練習です。

ラリーで振られてしまった時に、無理に打ってもミスしてしまったり、さらに振り回されたり
してしまうので、スピンで深く返したり、相手の攻めを交わすように考えて打ちます。

このパターンは試合でもよくあると思うので、練習しておくと、振られた時にも焦らずに対応できるようになるでしょう。

全力で走ってぎりぎり追いつける振り回し

これはほんとに体力強化です。ほぼほぼ根性論に近いものがありますが、とにかく返すことだけ考えて走ります。

ひたすら走り回るので、かなり辛い練習ですが、全力で走っても次がまた来るので、打った後の準備も早くなります。

よくぎりぎりで取っても次が走れないという人がいますが、戻れないと振り回しも途中で中断してしまうので、頑張って踏ん張りましょう。

1番の狙いとしては相手コートに返すことによって、1球でも多く相手にプレーさせて、ミスを狙ったり、拾われるプレッシャーを与える目的があります。

私は多くの試合で、相手がミスしてしまう経験をしました。逆に相手が拾う選手だと、こちらがミスしてしまうんです。

あなたも何気なく拾い続けたのに、相手がミスをする展開になったことはありませんか?

拾われるとメンタル的にはかなりきついんですね。

>>フォアハンドのフォロースルーが悪いとボールに追いつけない!?

共通ポイントとして

球数は6〜12球を目安にして、その時の体調やコンディションで球数を変えるのがいいですね。

追い込みたいという人は20球とかでやってもいいと思いますが、そのあとの練習のことも考えながら決めてください。

セット数は3セットを目安に、気温や振り回しがメインの日は変えたりしてもいいです。

振り回しの内容で、フォアとバックの交互や、回りこみを入れたり、全球回りこんだり、いろいろできます。

みんなでアイデアを出し合ってメニューを決められるのも楽しく練習ができることの1つだと思います。

まとめ

振り回しのメニューは3つ。

  • しっかり走れば構えることができる振り回し
  • 構えられる時間はないけど、なるとか追いつける振り回し
  • 全力で走ってぎりぎり追いつける振り回し

それぞれ目的が違いますが、どれもいい練習ですし、試合ではこの全てが必ず使われる場面があります。

目的を持って、質の高い練習をしましょう。

 

スポンサーリンク

よく読まれる記事