どんなテニスショップにも必ず書いてあるのが、

 

「3ヶ月に1回はガットを張り替えよう」

 

これにはどのような意味があるのか、考えたことがありますか?

テニス歴が浅い方にとっては、「そんなの書いてあったっけ?」だったり、「別におすすめしてるだけでしょ?」ってな感じで、とくに気にしてない人が多い。

スポンサーリンク

3ヶ月に1回の張り替えには意味がある

これにはちゃんとした意味があって、「長い間張り続けたガットは、寿命ですよー、3ヶ月を目安に張り替えてねー」ということが言いたいんです。

「3ヶ月で張り替えなくても、まだまだ切れそうにないから大丈夫!」

って方、結構多くいますが、寿命ってガット切れる方じゃなくて、ガット本来の性能がなくなる方の寿命です。

ガットが伸びてくるとケガにつながったりしますからね!注意したいところです。

テニス初心者で知らなかったり、あまりにガットに対してなんとも思わない人が多いから、どのお店にも書いてあるんでしょう。とても親切!

だけど、実際には知らないことが多いし、書いてあることにすら気づいてないことも多い・・・

もっとスタンプラリーみたいに次の張り替え予定日とか記入してくれたら、思い出すかもしれないし、何かしらお店側にも工夫が必要かもしれませんね。

これを読んでるあなたも、3ヶ月を過ぎていたら張り替えにいきましょう。

3ヶ月じゃなくて1ヶ月が限度だと思う

3ヶ月と書いてありますが、私の意見から言わせてもらえば、

 

1ヶ月に書き直せば?

 

ってこと。

実際いろんなガットを使ってきて思いましたが、1ヶ月経たないうちにガットのコシが落ちてきます。

こんなんで打っててもうまくなるどころか、不安定なショット連発で一向に上達しないんじゃないかって。

ポリは1〜2週間、ナイロンでも1ヶ月もてばいい方です!

テニス経験が浅すぎる人は気付きにくいと思いますが、始めたてって成長しやすいからすごく損してますよ。

もしかしたらもっとショットが安定してるはずなのに、コシがないガットを使ってるせいで、不安定なショットを打ち続けることになってるんですからね!

もう少しガット張り工賃が安くなってくれたら、みんな張り替えにいきやすくなると思うのに・・・

これを読んでも、まだ切れてないからなーって思うなら↓の記事を読んでください。

>>賞味期限切れのガットを復活させる方法

まとめ

3ヶ月に1回の張り替えには意味がある!

でも実際には、ガットは1ヶ月もたない。だけど張り替えない人が多いから、最低でも3ヶ月と言っている。

だから3ヶ月経ったガットは使えないと思って、新しいのに張り替えてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事