あなたはガットを張る時のテンションについて、どのような基準で決めていますか?

知っている方も多いかと思いますが、ラケットには推奨テンションが記載されています。(どんなラケットにも必ず書いてある)

この推奨テンション、参考にしたことはありますか?

ガットについて詳しくわからないうちは、とても役に立つでしょう。

スポンサーリンク

推奨テンションとは

冒頭で述べているように、推奨テンションはどんなラケットにも記載しれています。

50-60lbs

こんな感じに。

どんな意味かというと、このラケットには50〜60ポンドくらいのテンションで張れば、ラケットの機能を無駄なく活かすことができますよー!っこと。

推奨テンションはメーカーで決められているので、信用度はなかなか高い。

ガットの知識が足りない、どんなテンションで張ったらいいのかわからない、場合でも範囲内なら安心して張ることができるため、1つ基準としておきたいところですね。

推奨テンションもここ最近では下降傾向にあります。

ストリングマシンの進化に伴っているのもしれませんが、「固く張る必要がなくなってきてるかな?」とは思っています。

知識があれば推奨テンション内じゃなくてもいい

推奨テンションはあくまでメーカーからガットを張る際の目印。

推奨されている範囲内なら、ラケットの性能は十分に活かされるから、安心してくださいねー。ってだけ。

テニスでとても大切にしたいのは感覚。人によっては推奨テンション内だとしても、見つからない可能性が少なからずあります。

感覚を重視したい人にとっては、推奨テンションなんて飾りで、自分に合ったものを見つけてほしいです。

もっと固い感覚がいいなら上回ってもいいし、柔らかい感覚がいいなら下回っても構いません。

ただ、上回る場合には超えすぎないように注意しましょう。

ガットもラケットもストリンガーの腕も関係してきますが、ラケットが折れたりヒビが入ったり、推奨テンションを上回る時点で自己責任になります。

どうしても張りたいならお店の人の了承を得るか、張ってくれるところを探しましょう。

下回る場合の注意点はとくにありませんが、柔らかすぎるとパワーロスを起こしてしまうことがあるので、ほどほどにしておきましょう。

ちなみに私は推奨テンション50-60ポンドのラケットに42ポンドで張っています。8ポンドも下回っているけど、感覚的には1番フィットしました!

4GやRPMブラストはこのくらいでも大丈夫でした。ただ感覚的には4Gがよかったかな。

なんのガットを張るかも関係しているので、ガットに詳しい人やストリンガーさんに相談してみるといいですね。

まとめ

推奨テンションはメーカーで決められているため、ガットを張る際には1つの基準となる。

推奨テンション内でなくても張れるが、メリットデメリットがあるので、すべては自己責任で行ってください。

>>自分に合ったガットを見つけ方!3つの項目から判断しよう

スポンサーリンク

よく読まれる記事