ガットは何度も替えなくちゃならないし、安くない買い物。

「どこかに性能よくてコスパのいいガットないかなー?」って思っているあなた!500円がありますよ!

え!?ワンコイン!?

びっくりしますよね。私もびっくりしました。

ということで、500円ガットがどんなものか紹介していきます。

スポンサーリンク

500円ガットの正体はKPI J.C ポリ17

500円ガット

引用:楽天市場

商品の説明

ゲージ   1.24mm

素材    共重合ポリエステルモノフィラメント

カラー   ホワイト、ブラック、シュプリームイエロー、ファイアブリック、スチールブルー、ダークグレー

商品の特徴

  • 柔らかい打球感
  • コントロール性能

柔らかい打球感が持ち味のようで、インパクトの瞬間に一瞬ボールを包み込めるというのが、高いコントロール性能につながっているのだと思います。

ユーザーの口コミ

口コミでは、

  • 高耐久性能
  • 高反発性能
  • スピン性能

この3つのバランスがいいって評価がありました。

スポンサーリンク



使った感想・レビュー

さっそく使ってみると、ポリにしては柔らかい感覚でした。それでいて反発性能も良く、ポリでは再現しにくい2つの要素があるガットでした。

スピンがかかりやすいのも、ゲージを1.24mmと少し細めの設定にしているからでしょう。

私としては良いガットだと思います。それで500円!?って何度も心の中で思いながらのテニスでした。

テンションは低めに設定すると良いでしょう。50ポンド以下で張るとちょうどいいと思います。

あくまで私の意見なので、いつも使っているガットの-10%くらいで張ってみてください。

ちなみに私は46ポンドで張って、なかなかいい感覚でした。

似ているガットを例えるなら、ルキシロン4Gですかね。ガットの柔らかさ、テンション維持性能、反発性能どれも似ているなーって思いました。

普段4Gを使っているからわかりやすかったのかもしれません。

わかりやすく言えば4Gの下位互換てところでしょうか。

「4Gは少し高いな、でも4Gが好きなんだよなー」って思っている人には、すごくいいガットなんじゃないかと思います。

300円のガットよりはこちらのガットの方が使いやすい印象でした。

300円ガットはこちら(300円ガットを使った感想・レビュー)を参考にしてください。

500円ガットはいろいろなモデルが出ていて、時期によって販売していない場合もあるみたいなので、チェックしましょう。

>>300円ガットと500円ガットはどっちが使いやすい!?使った感想を比較もどうぞ

まとめ

500円ガットの評価はすごくいい!私はルキシロン4Gを使っているので、似ているガットってことがわかりました。

4Gを使っているけど、切れすぎてガットにお金をかけたくないって場合には、選択肢に入れる価値はあると思います。

この値段でこの性能なので、ぜひお試しで使ってみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事