「ストロークを強くしたい!」

テニスをレベルアップさせようと思うと、多くの人がストロークに目を向けるんじゃないかと思います。

ストロークを1番強く打つためには高い打点、胸の位置がベストだと言われていますが、その理由について説明していきます。

スポンサーリンク

胸の高さが良いとされる理由

あなたは、なぜ胸の高さが1番強く打てるのか、考えたことはありますか?

もしかしたら、腰の高さが1番だと思っていた人もいるかもしれませんね。

では、1つずつみていきましょう。

ネットを気にしなくてよくなる

まず考えなくてはならないのがネット。

相手コートに入れるためには、必ずネットを越えなければいけません。

ネットがあることを考えると、強いストロークを打つためには、ネットよりも高い打点というのが条件の1つになります。

高い打点で考えると、コート上で打てる最も強いショットはスマッシュですね。

今回はストロークということで、ネットの高さより高い打点で打つことができる胸の高さが理想なんです。

>>ネットがどうしても嫌というならネットを恐れないストロークを手に入れるべき!トップスピンを詳しくみる

スイングスピードを1番速くできる

強いストロークを打つためには、スイングスピードも大切な要素の1つになるのですが、あなたはどの打点が1番速くスイングできると思いますか?

「腰!」と答える場合が多いかと思いますが、正しくは肩〜胸の高さです。

腰については次の章で説明しますね。

なぜ肩〜胸の高さがいいのかというと、スイングスピードがMAXだと打点が高くなるからです。

もっとわかりやすく言うと、腕をぶらぶらさせて体を回すと、勝手に腕が広がりませんか?

これは遠心力が働いているからで、遠心力が強くなるほど、肩に近い位置になるからです。

そのため、スイングスピードを速くしたければ、肩付近で打てるようにしましょう。

>>フォアハンドの高い打点を成功させるためにできる段階別練習法と打ち方について

腰で速くなるは半分間違え!

腰の高さでもスイングスピードを速くすることができるので、完全に間違いというわけではありません。

力を入れやすい打点ではあるので、強くインパクトすることができるからです。

もし「腰」と答えたあなたは、腕に力が入りすぎている可能性があります。

すでに察している人もいると思いますが、力が入りやすい打点ということで、手打ちになりやすくなってしまうんですね。

スイングはリラックスしている時に速くなるので、腰と答えた人は手打ちに気をつけましょう。

それでスイングスピードが速いのなら、なんの問題もないですよ。

>>手打ちで悩むんだったら良い方法が1つだけある!←手打ちで悩んでいるなら絶対に読んでおくべき

まとめ

胸の高さが1番強いストロークになるってことを説明しました。

腰と思っている人が多いこともありますが、打点を落としているケースが目立つので、ぜひ前に入って高い打点で打ってください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事