「もっとひざを曲げて打って」なんて言われたことはありませんか?

誰でも1度は言われたことがあると思います。

ひざが曲がらなければ、良いストロークは打てませんよね。

プロの打ち方を見ていると、必ずと言っていいほどひざが曲がっているし、低い時にはひざが地面につきそうなこともあります。

それくらいひざの曲げは大事ってことですが、正直なところ中々曲がらないんじゃないかと思います。

ひざを曲げられない人にやってほしいことがあるので、紹介しますね。

スポンサーリンク

肩幅の1.5倍くらいにスタンスをとる

ひざが曲がってない人の多くは、スタンスに原因があります。

ひざが曲がらないあなたは、スタンスが狭く、棒立ちになってませんか?

たしかにただ立っているだけなら棒立ちでもいいですが、一瞬の判断で動くとなると、棒立ちでは遅れてしまいます。

スタンスを広くすれば、ひざを曲げなければ動き出せないので、自然とひざが曲がるはずです。

理想は肩幅の1.5倍ですが、はじめは疲れて曲がらなくなってくるので、意識強めでやってみてください。

>>スタンスが広くなると軸を使った回転スイングができる

つま先重心にする

もう1つはつま先重心にすることです。

よく見る悪いパターンが足の裏が地面にべったりついていること。

この状態ではひざを曲げた方がバランスが悪くなるので、棒立ちの方が自然体になってしまいます。

つま先に重心を持ってくれば、ひざを曲げないと動けなくなるため、動けるように準備するはずです。

もちろんひざを曲げるってことが、意識の中にあればですが。

自分でダメなところがわかっていなければ、対処のしようがないですからね。

また、つま先重心でひざが曲がれば、ももにパワーを溜めることができるので、力強いストロークを打つことができます。

>>力強いストローク、エッグボールの打ち方

まとめ

以上が、自然とひざが曲がる方法の説明でした。いかがでしたか?

ストロークが安定しない人のほとんどが、ひざが曲がっていないので、ひざを曲げて他の人と差をつけましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事