普段スイングボレーを打つ機会ってありますか?

ボレーが苦手で、ちょっとでも時間がある時なんかは使ったりすることが多いと思います。とくに女性は多いですね。

そんなスイングボレーですが、ミスすることも結構あるんじゃないですか?

チャンスボールなのにミスするのは、とてももったいないことだし、ミスするならボレーの方がいいんじゃないか?って意見もあると思います。

ボレーで安定して決められる人は使う必要はないですが、スイングボレーの方がボレーよりいいかな?

って方は、スイングボレーを安定させるためのスイングについて説明していくので、少しでも役立ててもらえればと思います!

スポンサーリンク

正しい打点で打てないならフラット系スイング

スイングボレーって簡単に見えて、実は結構難しいショットでもあります。

ストロークとほとんど同じなんですけど、ボールがバウンドしたかしてないかですごく変わってきます。

ストロークではボールをバウンドさせているので、自分の手元に来るときには意外にも減速しているんですね。

バウンドした時の摩擦だったり、空気抵抗を受けている時間だったりが影響しています。

ところが、スイングボレーはバウンドさせないので、思ったほど減速しません。

もちろんチャンスで打つんですけど、ストロークの時の感覚で打つと、間違いなく振り遅れることになります。

言葉では簡単に言えますが、そのタイミングを覚えるまでがすごく難しい!

スイングボレーはスピードが出やすいですが、慣れるまではフラットにスイングして、タイミングだったりボールを正しくインパクトできるようにすることが優先です。

初心者、スイングスピードが遅い方、女性はフラット系スイングから始めることをおすすめします。

いつでもスピンが打てるなら下から上にスイング

ストロークでもスピンをかけることが普通になっていて、ある程度スイングスピードが速ければ、スピンをかけたスイングボレーのチャレンジ権を持っていると言えます。

すでにスピンをかける感覚を持っているので、そんなに難しく感じずに取り組めるでしょう。

もしそれでラケット面の真ん中で打つことができないなら、スイングボレーのタイミングがわかっていないことになるので、タイミングを合わせるためにフラットから入ってください。

スイングボレーは攻撃力の高いショットのため、コントロールして確実にポイントを取りたい方は、スピンをかけたスイングボレーにチャレンジしていきましょう。

フォアハンドでスピンをかけたい方はこちら↓を参考にしてください。

>>フォアハンドストローク トップスピンの打ち方

まとめ

スイングボレーのスイングについて意見がわれることがありますが、これは打つ人の技術だったり、その状況で違います。

タイミングが取れなければ話にならないので、まずはしっかりラケット面の真ん中で打てるようになることから始めましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事