「ボレーはラケットを引くな、当てるだけの意識で打って」

こんなフレーズを耳にしたことはありませんか?

ボレーが苦手な方は、このような指摘を受けたことがあると思います。

私もボレーが苦手だったので、練習のたびに言われてました。

プロのボレーを見ているとスイングしているような気がするし、当てるだけだとボレーが浮いたり、コントロールできないって方が多いです。

「ボレーのテイクバックの答えって何なの!?」と悩んでいる方に書いているので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

ボレーは当てるだけ!の意味とは?

よく、「ボレーは当てるだけ」という言葉だったり、アドバイスを耳にすると思いますが、これは主に2つのことに対していっています。

  1. ミート率が低い方に向けて
  2. テイクバックが大きい方に向けて

もしあなたも言われたことがあるんだったら、どっちかに心当たりがあると思います。

「1」のミート率は、ボレーが苦手だったり、初心者の方だったりすると、当てるだけと言われるかもしれませんね。

フォームはどうであれ、まずは真ん中でインパクトすることで、ボレーの感覚を覚えてもらおうってことだと思います。

なんとなく感覚がわかってくれば、ボレーに対する苦手意識がなくなり、楽しく練習できるってことなんでしょう。

正確にインパクトできるようになったら、少しずつ自分の打ちやすいオリジナルのフォームにするのが1番の近道になります。

「2」のテイクバックが大きいに関しては、初心者の方だったり、ボレーに慣れてきて威力を付け足したい時期にに、1度初心に戻って「当てるだけ!」という意味で言われます。

始めて間もない時期は、ボレーは壁を作るだけってことを知りませんからね。

振りグセをつけないようにって意味でアドバイスを受けるのでしょう。

ボレーに慣れてきた方は、威力を出したくなるのもわかります。

ただ、威力の出し方が間違っていて、振りは変えずに体重移動とタイミングができたらいいですね。

「当てるだけ!振りすぎ!」と言われてしまったら、間違った打ち方になっていることに気付けるチャンスです。

テイクバックはコンパクトにする

「ボレーは振るな!」と言われても、プロを見る限りスイングしているようにも見えますよね?

たしかにボレーの打点によっても違うので、全部が当てるだけ、全部がスイングしていいわけではありません。

プロがスイングしているのは、スライス回転をかけるためで、少しでも相手が打ちづらいボレーを打つためにやっています。

ボレーでスライス回転をかけるのはできても、安定させるのは簡単ではありませんよね・・・

そのため、慣れるまではスイングするとコントロールが難しいですが、実際にはボレーでもスイングはします!すごくコンパクトに。

プロのボレー練習を横から見るとわかりやすいですが、自分から後ろにラケットが行かないように、自分の視界からラケットが見えなくならないくらいにテイクバックしています。

これがボレーのテイクバックの正体です!

ボレーにもテイクバックは必要で、「振るな」と言われるのは、必要以上にラケットを引いているからであって、コンパクトになれば良いボレーになるし、指摘もされないはず。

自分で確認するのは難しいですが、スマホで動画を撮るなり、友達に見てもらうようしましょう。

>>ボレーの調子が悪いときにできる4つのこと

まとめ

ボレーのテイクバックについて説明しましたが、「当てるだけ」、「振るな」の意味をわかっていただけましたか?

ボレーは小さいですがスイングをするので、ぜひコンパクトなテイクバックができるようにチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事