ボレスト練習で、ボレーヤーに攻め込まれてしまい、ストロークがうまく打てない!ってことありますよね。

攻め込まれないためのポイントを1つに絞って紹介します。

スポンサーリンク

ボレストでは足元を狙ってみよう

とりあえずストロークをやる時には足元を狙って打ってみましょう。

ボレストの練習では、ストローカーというよりはボレーヤーの配給で内容が決まります。

そのため、常に主導権はボレーヤーにあると思ってください。

ボレーヤーから主導権を奪う、奪えなくても五分五分にするためには、やはり足元を的確に狙うことが大切です。

足元を狙う2つのポイント

動画では説明はしていませんが、概要欄で説明してるので読んでくれた方はわかると思います。

足元を狙うコツとしては、

  • 軌道の最高点をある程度高くすること
  • ネットに到達する手前で最高到達点を迎えること

この2つが必要になってきます。

横から見るとわかりやすくて、ボールの落下中にネットを越えることが重要です。

足元にボールがいけば、ネットより低い位置からそう速いボールはこないので、まあ五分五分な展開になるといってところですね。

ボレーのポジションによってはそれを許してくれないケースもあります。

あまりにネットにべた付きだと足元を狙うのは至難の業ですね。

あえてコントロールをする練習をしてみてもいいと思います。

足元を狙う技術は必要不可欠なので、ボレストという実践に近い練習で狙っていきましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事