ジャグリングをやったことがありますか?

めちゃくちゃテニスが上達しますよ!

スポンサーリンク

ジャグリングで鍛えられる能力

  1. 左右バランスを養える
  2. 周辺視野と動体視力が鍛えられる
  3. 集中力が鍛えられる

この3つはどれもテニスをするうえでとても大切な要素になります。

それがまさかのジャグリングで鍛えられるなんて、遊び感覚でできていいですよね。

1番違いが分かったのは両手バックハンド

私の場合は両手バックハンドに1番変化がありました。

ソフトテニス⇒硬式テニスだったので、片手バックハンドの方が感覚がよかったんですけど、身長が155cmでして高い打点が難しく両手にしたんですよ。

全然できなかったんですけど、ジャグリングで遊んでいるうちにすぐにできるようになりました。

手術とかでバックハンドの感覚は少し悪くなってしまいましたが、1番得意なショットにまでなったんですよ(笑)

手術の話は↓に書いています。

>>手首が痛すぎてプレー不可能と言われたが、手術をしたら一瞬で治った!!

スポンサーリンク



ソフトテニスからの硬式テニスの場合にはやってほしい

ソフトテニス上がりだと、両手バックハンドの感覚ってわからないと思うんですよ。

自分がそうだったので、両手バックハンドの難しさというのはよくわかっているつもりです。

両手バックハンドが得意ということもあるのか、結構両手バックハンドのコツについて聞かれることがありまして、そんな時には「非利き手側の力が利き手側に負けないようにうまく左右バランスをとって打つ」と説明するのですが、まあ感覚的な問題なので理解ができかねますよね。

そんなことを説明してもよくわからないと思うので、「ジャグリングで左手を鍛えな!」ってアドバイスします。

ソフトテニスをやっていた人だけでなく、バックハンドが苦手という人にも効果的で、非利き手が主導にスイングになるんですよ。

これはぜひアドバイスとして使っていただきたいものです。

それか「ぼぶのテニスまとめ」のこの記事を教えてあげてください。

まずはあなた自身が1週間でもいいので試してから、レビューとして広めてくれたらと思います。

非利き手もうまく使って効率の良い力の伝え方ができるように祈っています。

>>ソフトテニス経験者が硬式テニスを上手に始める方法!

スポンサーリンク

よく読まれる記事