新しいラケットがでると、つい気になるし、発売日はいつ?と使いたくて仕方なくなる、ぼぶです。

新しいモデルがでると、さっそく使ってみたくなりませんか?

ラケットっていいですよね、新しいと性能もいいし!

だけど、替えない方がいい場合もあるので、じっくり見ていきましょう。

スポンサーリンク

新しいモデルの性能がいいのはたしか

新しいモデルってデザインが新しくなってるだけじゃないんです。

気づきにくいですが、性能も向上しています。

ラケットの後継モデルはだいたい2年後にでるので、2年間に研究が進んで、パワーを備えたり、いいものが出来上がって販売されているんですね。

そのため、性能は大きく向上していることに間違いはありません。

替えない方がいい場合って?

ラケットの性能がよくなってるなら、みんな新しいモデルにした方がいいだろ!

普通だったら新しい方がいいボールが打てそうですよね。

しかし、テニスはただ打つだけではなく、打った感覚が大事で、感覚が良ければ打った瞬間にどこにボールが飛ぶとかわかります。

この感覚って人それぞれで、

新しくなってどこに飛んでいるかわからなくなった!

って人も結構いるんですよね。

プロだって前のモデルに戻している選手を時々見かけることから、合わないとプレーに大きく影響することが伺えます。

一般のプレーヤーは毎日テニスができるわけではないので、新しいラケットにした時には、ほんとに感覚がよくなるまでは6か月かかると思った方がいいですね。

すぐに対応できる人は3ヵ月とかで慣れてくると思いますが、そんな簡単ではありません。

私の経験と知り合いにきいた話から、だいたい半年くらいかかることがわかりました。あくまでも統計なので人それぞれということです。

スポンサーリンク



感覚が合わない人続出には研究の成果が裏目に!?

感覚が合わないってパターンが続出しているんですが、あなたの周りは大丈夫ですか?

中には新しいモデルにテンション上がって、気づかないこともちらほら。

ラケットの開発が進み、ケガ対策として振動をカットできるモデルが増えてきました。

たとえばウィルソンのCV(カウンターベイル)搭載モデルなど。

振動をカットし過ぎたがゆえに、感覚がなくなり過ぎてどこに飛んでるのかわからなくなってしまった。

私もウィルソンのバーン95CVを使用していますが、全然わかりませんでした。⇒ウィルソン BURN 95 CVを使った感想・レビュー

今はガットの種類やテンションをいろいろ替えて、やっとこ感覚がわかるようになりました。

ちなみにプロハリケーンツアーから4Gに。⇒ルキシロン4Gを使った感想・レビュー

今のラケットはたしかにパワーが出やすく進化していますが、メリットばかりじゃないことも痛感しています。

まとめ

ラケットを買おうと思った時は、友達とかに詳しく聞いてみると、いろいろ情報が得ることができます。

そのラケットの試打を借りるのが1番ですが、新しいモデルだとなかなかないし、あっても借りられていることでしょう。

新しいモデルは名前は同じでも中身は全然違うので、慎重に選びたいところですね!

慣れたときに初めてラケットの性能を感じることができるので、新しいラケットにする楽しみは確実にありますよ。

感覚を慣らすならこちらもどうぞ⇒体がなまった時にできる、すぐに感覚を取り戻す方法!

スポンサーリンク

よく読まれる記事