あなたはどのようにスピンをかけていますか?

こすってスピンをかけているなら、時代に乗り遅れているかもしれません・・・

誤解あるとよくないので補足までに。

実際にはこすってスピンをかけないわけではありません。こすって打つ時もあるし、がっつり当てて打つ時もあります。

何が言いたいかって言うと、今のテニスはこすってスピンをかけないということ。

スピンのかけ方が違うという意味で、このような言い方をしています。

スポンサーリンク

こするスピンはチャンスボール!?

一言で言えば、こするスピンはすごく軽いんです!

軽いストロークの何が悪いかっていうと、タイミングさえ合えば高い打点から打ち込まれる危険性があるんです。

今のラケットって、ものすごく反発力がありますよね?

最近のラケットを使っているならパワーアップしてることに気づいてるはずです。

こすっただけのスピンって、跳ねてはいるんですけど、ボールの伸びがない。

だからこそ最新のラケットからしたらタイミングが合えば、ものすごいスピードボールを打たれてしまうんです。

相手のラケットを弾くくらいの球威がないと、ただスピンがかかってるだけではストローク戦で勝つのは難しい時代になってきました。

フラットのようなスイングからスピンを繰り出す

「フラットでスピンってどういうこと!?!?」

初めて聞いた人にとっては頭が??になりそうですね。

トップスピンは聞いたことがありますか?

スピンよりも強くスピンをかけたストロークで、あわよくばエッグボールが理想です。

この2つの共通点はというと、ボールを厚くとらえていること。

フラットに当ててスピンをかける意味がよくわからない方も多いと思いますが、現実に可能なんです。

もし厚く当てたスピンを打つことができたら、タイミングを合わせただけではパワー負けする、威力のあるスピンを打つことができます。

ストローク戦で相手のいるところに打ったとしても、そう簡単にはカウンターは打てないはず。たとえ最近のラケットを使っていてもね。

それだけストロークの質が問われる時代になってきているんですよ。

エッグボールについては『【エッグボールの打ち方を3つのポイントで解説】エッグボールの疑問についても解答!』をご覧ください。

中級レベルまでは使える

こするスピンの時代は終わりましたが、レベルでみたらまだまだ使えそうな感じはあります。

中級レベルまでなら、ライジングの技術もそれほど高くはないし、強打もミスが多いためスピンはリズムを作らせないために有効です。

バックハンドの高い打点を強打できるプレーヤーも少ないですから、バンバン使っていきましょう。

逆に言えば上級レベルに到達するまでには、こすってスピンをかけるのも必要な技術です。いきなり厚く当ててスピンをかけるのは難しいです。

習得順としてはやはりこすってスピンをかけることが先なので、これからスピンに取り組む方にとっては終わりではなく始まりですね。

スピン初心者は『初心者がスピンを覚えるための段階別練習方法』で感覚をつかみましょう。

まとめ

こするスピンの時代は終わり!なんて強い言い方になってしまいましたが、あながち間違いでもないんですよね。

これからのストローク戦で勝っていくためには、より質の高いストロークを打つことがカギになってきます。

できなくてもいいのでエッグボールについては知識だけでも持っておくといいですよ⇒【エッグボールの打ち方を3つのポイントで解説】エッグボールの疑問についても解答!

スポンサーリンク

よく読まれる記事