ダブルスでストローク戦になった時に前に行くタイミングがあるでしょう。

その時のアプローチショットが1パターンになっていませんか?

今回は、ダブルスのアプローチショットについて紹介します。

スポンサーリンク

ダブルスでは積極的に前にいこう

テニスはできるだけネットに近い方が、ポイントを取りやすくなります。

シングルスではコート1面を守らなければいけませんが、ダブルスなら2人で守るため、コート半分を担当すればいいので攻めることができます。

ストローク戦で、相手のショットが浅くなったら、積極的にネットに詰めたいですね。

ここで大切なのがアプローチショット。

シングルスでもダブルスでもどっちでも必要なショットですが、ダブルスだとポイントが取りやすいため、さらに大事になってきます。

>>ファーストボレーを使ってる?ダブルスで勝ちたいなら使え!

アプローチショットのポイント

  • 浅くなった時
  • 球種の打ち分け
  • コース

浅くなった時

ダブルスで雁行陣を使っているならアプローチショットを打って、並行陣で戦っていきましょう。

その方が打ち合いのテンポが上がり、角度もつけられるのでポイントしやすくなります。

コート内で打てるチャンスがあったら、積極的にアプローチして並行陣で攻めましょう。

球種の打ち分け

アプローチショットは基本的に深く打つことを心がけましょう。

浅くなってしまうと、前につめる時間がなかったり、相手が強くなるにつれて、抜かれることが多くなります。

スピンとスライスの打ち分けも大切です。

スピンの場合だと、前につめる時間はなくなりますが、相手に時間を与えなくできるので、チャンスボールが来ることに期待できます。

スピンといっても、スピードをある程度ないと、リズムよく返されてしまうので、低い軌道をイメージして強打しましょう。

>>フォアハンドの低い打点をチャンスにつなげる打ち方

スライスの場合だと、前につめる時間が長くなるので、しっかり準備することができます。

また、バウンドが低くなるので、ボールを持ち上げなければならなくなり、相手のボールが浮いてくる可能性があります。

そこで、打つ前に軌道をイメージすることによって正確なコントロールができます。

相手のボールが浅くなったら見逃さず前にいき、ライジングで打っていきましょう。

ボールをすくいあげるようなスライスだと浮いてしまうので、上からカットするように当てていきます。

タイミングも早くなるので相手の反応も遅らせることができるのです。

>>バックハンドのスライスはボレーとほとんど同じ!

このようにそれぞれにメリットがあるので、打つ打点によって選んだり、相手のレベルなどの要素を考えた上でアプローチショットを
選択するといいでしょう。

コース

相手がバックハンドが苦手だからといって、狙いすぎても前衛にボレーされてしまう可能性もあります。

あまり狙いすぎるのは、逆に相手のチャンスになってしまうので、狙いすぎには注意しましょう。

まとめ

いくらボレーが強いといっても、アプローチショットがダメだと不利になります。

前に詰めることの重要性を知って、ダブルスでは積極的に詰めるクセをつけましょう。

また、アプローチショットは2パターン持っておくと、相手の対応が遅れるので、使いわけましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事