バックハンドに高く弾むショットを打たれると大変ですよね?

私は身長が低いので、どうしても高い打点で打つ機会が増えてしまうんです。

身長が高くても相手のレベルによっては、普通に狙ってくる場所です。

しかし意外にも、両手バックハンドなら左手の力を使うことができるので、難易度はそれほど高くありません。

今回は、両手バックハンドの高い打点の打ち方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

高い打点は難しくない!?

バックハンドに高く弾むストロークを打たれると、返しづらいイメージがありませんか?

しかし、思っているよりも簡単に返すことができます。

両手バックハンドでは、左手で抑えることができるので、ラケットが弾かれずに打てるんです。

高い打点は、力が入りにくいので、相手のショットに負けるというよりは振り切ることができないのが原因。

正しい打ち方さえわかっていれば、両手バックハンドのメリットである左手を生かしたストロークを打つことができるのです。

高い打点の打ち方

多くのプレーヤーは、試合に勝つために相手のバックハンドを目掛けて打ち込んできます。

もっとレベルが上がると、高く弾むショットを使って展開してくるでしょう。

この時に、守ってばかりで相手にやられっぱなしでいいんですか?

正しい打ち方を身につけて、攻撃しましょう。

それでは、打ち方のポイントを説明します。

テイクバックを高くする

打点に関わらず、いつも同じ高さにテイクバックしていませんか?

高い打点で打つ場合には、必ず高い位置にテイクバックしてください。

高い打点で打つ時に通常通りのテイクバックをすると、ラケットを持ち上げなければいけません。

本来ならインパクトに向けてラケットを加速させて打つはずが、力が入らないためスイングスピードを上げることができません。

また、持ち上げていく動作は重力に逆らうため、筋肉に自信がある人か運動連鎖をうまく使える人でないと遅いスイングになります。

なので、テイクバックを高くすることで重力を無視したスイングが可能に。

なるべくスイングスピードの加速を邪魔する要素をなくすことが大切です。

>>両手バックハンドの精度はテイクバックで決まる

左肩を高い位置にキープして打つ

高い打点で力が入らないのは当たり前ですよね?

先ほど高い位置にテイクバックすることで、スイングスピードを下げないで打つことができると言いました。

スイングスピードが上がる一方で、面の安定性に欠けます。

そこで、さらに力を入れやすくするために行うのが、左肩を上げてインパクトすること。

左肩を上げることでラケット面が上を向かず、ボールを抑えることができます。

また、左肩を高くすることで右肩が下がり、スイングの邪魔にならずに振り抜けます。

>>両手バックハンドで最も簡単で攻撃できるのがレベルスイング!

まとめ

  • 意外にも高い打点が打ちやすい
  • 狙われやすい

バックハンドは力が入りにくく狙われやすいため、嫌でも打つことになります。

そんな時に不利になるのと、攻めることできるのだと、その後の展開が大きく違ってくるでしょう。

高い打点は思っているよりも打てるので、ポイントを意識して打ってみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事