テニスをやるうえで、唯一日常の動作じゃないのが両手バックハンド。

あなたは両手バックハンドでうまくスイングできていますか?

今回は、両手バックハンドのコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

テニスの中では唯一両手で持つショット

両手バックハンドでは、ショットの中で唯一右腕と左腕でラケットを握るという、他にはないショットです。

日常生活の中でも、なかなかこの動作はしないので、感覚がわからない人が多いのも当たり前ですね。

しかし、両手で持っている分、ラケット面が安定しやすくて振りやすいという人も多いと思います。

でも、振りやすいけど実際にボールを打つとなると、ボールが飛んでくれない、力が入りにくいという悩みを持った人もいます。

原因

右腕と左腕の両方を使っているため、喧嘩してしまいます。

力加減の問題ですね。

右利きだと右腕に力が入りすぎてしまうクセがついています。

これは誰でも同じで、利き腕で打つショットが多いから自然にそうなってしまうのですが、これだと左腕の邪魔をします。

後ろから平手打ちのようにできると、力は伝わりやすくなるので左腕をメインに力加減ができることを理想としましょう。

両手でラケットを持っているため、腕は固定されて、速くスイングすることはできません。

さらに、体に近いところでヒットしなくてはならないので、窮屈なスイングになり、遠心力も少なくなります。

これではパワーがでないのも納得がいきますね。

対処法

飛ばないということは、腕の力だけで打っているということになります。

体の力を使いましょう。

体を回すことによって、自然と腕がついていき、ラケットが回ると思います。

もちろん腕の力も使いますが、体から回ってやっと腕の出番って感じですね。

これで少しは遠心力のあるいいスイングになると思います。

>>軸を使った両手バックハンドストローク

邪魔をしていた右腕も、体が回ってしまえば、窮屈にならないスイングができます。

まずはボールがしっかり飛んでくれないと、どうにも改善しようがないので、アウトになるくらいのスイングを目指しましょう。

>>両手バックハンドがうまく打てない時の原因と対処法!

まとめ

初心者だと特に難しい両手バックハンドですが、うまい人だって最初は感覚すらなかったはずです。

片手から両手に変えた私も、スイングがしづらくて手打ちがなかなか治りませんでした。

こればっかりは練習して正しいスイングを身につけるしかないので、あせらず自分のペースでつかんでいきましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事