バックハンドでスピンをかけることができなくて悩んでいませんか?

フォアハンドではスピンがかかるのに、バックハンドだとフラットみたいになってしまうことは多いです。

または、いつもスピンを打っているけど、今日はなんだかスピン量が少ない、なんて思うことがあると思います。

そんな時にできる簡単な対処法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

振り上げてもスピンがかからない

振り上げているにも関わらず、スピンがかからない原因は主にこの2つ。

  • 体が前傾している
  • こすり上げ過ぎている

体が前傾してしまうと、振り上げているつもりでも軸が倒れているので、スイング軌道が上になっていません。

上からたたきつけるようなスイングになってしまっているので、当然スピンはかかりません。

スピンをかけるための条件として下から上にスイングすることを覚えておいてください。

また、スピンをかける意識が強すぎて、極端に上にスイングしていることもかからない原因の1つ。

なぜなら、インパクトの後すぐに上にスイングしていまうと、パワーを伝える前にラケットが上がって、伝えきれない場合があるからです。

持ち上げる意識はすばらしいので、もう少しボールを前に打った後に振り上げるとスピンがかかります。

>>インパクトを理解してショットの精度を上げよう!!

フラットにしかならない

フラットになってしまう原因は主に2つ。打点です。

  • ひじが伸びている
  • 体に近く窮屈になっている
  • 下半身の力を使っていない

フラットになってしまう原因の1つにひざが伸びきってしまっていることがあげられます。

ひじが伸びているということは、打点がかなり遠いいところになっています。

これでは力が入りにくく、手打ちのような形になってしまうでしょう。

また、体に近すぎてインパクトしているのも原因です。

ただでさえ打点が近くなってしまう両手バックハンドでは、スイング距離が短くなり、パワーが伝えにくくなります。

そのため、相手の球威に対抗することができなくて、弾くような返球になってしまいフラットに飛んでいくのでしょう。

打点は近くても遠くてもスイングしにくくなるので、適切な位置を見つけることが大切です。

スイングも大切ですが、パワーの源である下半身が使えていないのも原因の1つです。

いくらスイングがしっかりしていても土台となる下半身がブレブレでは、パワーが半分も伝わりません。

土台の安定こそが、スムーズなスイングを可能にするので、スタンスは少し広めにとっておきましょう。

>>両手バックハンドでスピンを打ってナダルのような展開に!

球威が全然だせない

スピンはかかるけど、かけようとしすぎて球威がだせないという人もいます。

スピンとスピードがバランスよく打てるのが理想的ですよね。

原因としては、スピンをかけようとして打点が近くなりすぎてるかもしれません。

私も近いと窮屈になって、スイング距離が短くなって十分な球威を出さない時があります。

こんな時は、思い切って打点を遠くにしてみてください。

遠くなると、ボールに近づこうとして後ろの足で地面を蹴ることになるので、体がしっかり回って球威を出せます。

つまり、遠心力が強くなるということです。

両手バックハンドは両手でグリップを持っているので、遠心力はほとんどありません。

少しでも遠心力を使えると、ボールにパワーを伝えることができます。

>>両手バックハンドで最も簡単で攻撃できるのがレベルスイング!

いつもネットにかかる

スピンをかけようとして、ラケットが下を向いてインパクトしていませんか?

ラケットが下を向いているとスピンはかかりますが、当たりが薄くなって、パワーを出すことができません。

インパクトの面はフラットに当てるようにしましょう。

フォロースルーで球種が変わるので、上に向かって振り抜けば、スピンをかけることができます。

>>両手バックハンドでスピンを打ってナダルのような展開に!

ボールは飛び過ぎてしまう

両手バックハンドでパワーが伝えられるのはいいことですね。

  • ラケット面が上を向いている
  • オーバーパワーになっている

ラケット面が上を向いているなら今すぐに直してください。

クセになってしまうと、なかなか直すのが難しくなります。

ラケット面が上を向いていないのにアウトしているなら、いいミスと言えます。

そこまでパワーを伝えることができているならもう少し。

いつもより気持ち左ひじを高くしてインパクトしてみてください。

飛び過ぎを抑えることができると思います。

まとめ

両手バックハンドはショットの中でも唯一両手を使っているので、感覚が合わないのは仕方ありません。

うまくいっていない時はだいたい以上のことが原因になっている場合がほとんどです。

バックハンドは打点を見つけるまでは苦労しますが、1度見つけてしまえばそれ以外の打点で打つことができないので、フォームが崩れにくいです。

スポンサーリンク

よく読まれる記事