エッグボール

エッグボールはフィジカルさえ整っていれば打つことができますが、プロ並みの体づくりは難しい。

ということで、エッグボールが打ちやすいラケットに頼ってみませんか?

エッグボールが打ちやすいラケットの特徴

まずはどんなラケットがエッグボールを可能とするのか、みていきましょう。

  • フレーム厚が21〜23mm
  • 重量が300g以上

フレーム厚が薄いとスイングスピードが必要になり、厚いとボールが潰れる前に飛んでいってしまう。

これを考慮すると、スイングスピードがある程度速くないなら、フレーム厚は標準である21〜23mmのラケットを選ぶと比較的ボールが潰れやすくエッグボールになりやすい。

これは目安なので、その人のスイングスピードによって違うこともありますが、まずはこれを基準に考えましょう。

重量に関してはボールとぶつかった時に、パワー負けしない程度の重さということで、最低でも300gはほしいところです。

では、この条件を満たしているエッグボールが打ちやすいラケットを紹介していきます。

ウィルソン ウルトラツアー95CV

錦織が長時間の戦いでも最後まで疲れないように作られたモデル。

ストローク戦をパワーで押し込みたければ、このモデルが最適!

ただ、ラケットの重量が重く、トップヘビーの設定になっていることから、ある程度力がないと振り抜けないかも。

スイングは疲れるかもしれないが、カウンターベイル搭載により、衝撃での筋肉疲労は軽減少なくて済む。

★ CHECKポイント
  • ストローク戦をパワーで押し込める
  • ある程度の筋肉とスイングスピードがないと難しい
  • 強くなることを目標としているなら、使いこなせるようになるべき
  • カウンターベイル搭載

ウィルソン ウルトラツアー95J CV


ウルトラーツアー95CVのJPモデル。

ウルトラツアー95CVよりも軽い設定になっているが、バランスポイントがより先端になっているためパワーがある。

振り切れない人はこちらを選んだ方がいい。

スピン量を増やして打ちたいという人も、こっちのモデルの方がいいだろう。

ボールの打ち出し角度が高くなるため、アウトするかと思いきや急激に落ちる。

カウンターベイル搭載で、トップヘビーによる衝撃を吸収してくれる。

★ CHECKポイント
  • スピンのきいたストロークが打てる
  • 力がなくてもそれ以上のストロークが打てる
  • 超トップヘビー
  • カウンターベイル搭載

ウィルソン ブレード100


ストリングパターンが荒くなっているため、球持ち感がが向上している。

ボールが引っかかりやすいので打ち出し角度が高く、ネットミスが軽減する。

それでもブレード本来の強みである重いボールが打てるので、エッグボールに近いストロークが可能に。

★ CHECKポイント
  • 重いボールが打てる
  • ネットミスが軽減できる
  • カウンターベイル搭載

バボラ ピュアストライク


ピュアストライクの中では、唯一スピードとスピンに特化したモデル。

ピュアストライクはコントロール性能を重視して作られたモデルのため、ほぼ全部の能力がそろっている。

ティームがこのモデルを使用しているが、かなりスピンのきいたスピードボールを打っているのがわかる。

それだけ打ちやすいラケットであることには間違いなさそうだ。

★ CHECKポイント
  • スピードとスピンが両立できる
  • コントロールがしやすい
  • ボールがよく飛ぶ

ヨネックス VCORE100


やはりヨネックスはプレーヤーに優しく、このスペックでボールが潰しやすいのはすごくいい。

スピンのかかりも申し分ないので、潰してスピンが打てるなら、エッグボールの習得をサポートしてくれそうだ。

300gだから筋力がなくてもエッグボールにチャレンジできる。

★ CHECKポイント
  • 300gだから軽い
  • ボールを潰しやすい
  • 重量のわりに重いボールが打てる

バボラ ピュアドライブ


振り抜ければ自動的にスピンがかかてくれることは多くの方が知っているだろう。

反発感が強い中に、少しの押しを加えることができれば、エッグボールのような軌道になる。

★ CHECKポイント
  • 反発性能が高い
  • 勝手にスピンがかかる

ヘッド スピードMP


ジョコビッチが使用していることで有名なヘッドのスピード。

プロだから扱うのが難しいスペックかと思いきや、初心者でも手に取りやすいモデル。

かなりスピンがかけやすく、よく飛ぶし軽く感じる。

軽く感じるからスイングスピードが速くなることも、エッグボールに必要な要素。

★ CHECKポイント
  • スピンがかかりやすい
  • 軽く感じる
  • パワーがあって飛びやすい

まとめ

以上が比較的ボールを潰しやすく、スピンがかかるラケットでした。

これ以外にもエッグボールを打ちやすいラケットはたくさんありましたが、上級者用のものが多く、中級者から使えるとなると以上の11本でした。

ぜひ参考にしてください。

エッグボールについて詳しくは【エッグボールの打ち方や使い方、エッグボールになる条件を解説】をご覧ください。

これからも使ってみて、エッグボールが打ちやすそうなラケットがあったら追加していきます。

エッグボールが打ちやすいガットについては【ストローカー向け】エッグボールが打ちやすいガット8選をご覧ください。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめ【どれを選ぶ?】テニス中継が見れるLIVE配信サービス
おすすめ【2021年3月】ぼぶテニの人気記事ランキングBest10
スポンサーリンク