エッグボールが打ちやすいガットって知ってますか?

ガットでも十分にエッグボールにするためのサポートができます。

しかもガットなら簡単に交換ができるので、エッグボールを習得したいならチャレンジしてみる価値ありです!

スポンサーリンク

エッグボールになりやすいガットの特徴

  • ゲージが太すぎないもの
  • 表面が滑りやすいもの
  • 表面に凹凸があるもの

この3つは重要なポイントで、中でもとくに重量なのが表面が滑りやすいガット。

エッグボールに必須なスピンのかけ方にはこれが必要不可欠で、正直この条件を満たしてなければ打てないといっていいでしょう。

スイングスピードが速ければ表面の凹凸は必要ありませんが、一般だとそこも頼らなければ難しいですよね。

ゲージに関しては細すぎと面圧が弱くなるのでパワーを伝えづらく、あまりおすすめできません。

だからといって太すぎるのもガットがズレにくいのでダメです。

1.25mmがベストですが、1.30でもいいでしょう。

ということで、この3つのポイントは最低限ほしいです!

ゲージは選べますので、表面が滑りやすいもの、表面に凹凸加工があるもので、エッグボールを打つのに適しているガットを紹介していきたいと思います。

BABOLAT RPMブラスト


ナダルが使用しているガット。

表面が八角形のオクタゴナル形状になっているから、ボールが引っかかりやすく回転がかかる。

また、表面がシリコンコーティングされているため滑りやすく、スナップバックが起きやすい。

インパクトではボールをキャッチしている感覚を味わえることから、引っかかりを感じる。

スピンに特化していると言えるガットだ。

★ CHECKポイント
  • 八角形だからひっかかる
  • スナップバックしやすい
  • 食いつき感を感じる

BABOLAT RPMブラスト ラフ


ブラストと同じく八角形のオクタゴナル形状になっていて、ラフでは表面に凹凸加工がほどこしてある。

これによりブラストよりもスピン性能がよくなっているから、もっとスピンがほしいならこのモデルを選択しよう。

ラフ加工によってガットの柔らかさが向上し、さらにボールをキャッチする感覚がわかりやすくなった。

ブラスト・ラフも表面がシリコンコーティングされているため、かなり滑りやすい。

★ CHECKポイント
  • 八角形
  • 表面に凹凸加工
  • スナップバックしやすい
  • 柔らかい打球感

LUXILON アルパワー


プロの中でも1番使われているモデル。

やはり多くのプロが選ぶだけあって、スピン、スピード、パワーの性能がいい。

スイングスピードが速い方が、よりエッグボールに近くなるため、遅い人には難しい。

ガットが滑りやすく作られているため、スナップバックは起きやすく、簡単にスピンをかけられる。

★ CHECKポイント
  • 多くのプロ選手が使っている
  • スピン、スピード、パワーの性能が高い
  • スナップバックしやすい
  • スイングが速い人向け

LUXILON アルパワー ラフ


アルパワーにラフ加工が施されたモデルのため、スピン性能が更に向上している。

ラフ加工により柔らかい打球感というのも持ち味。ガットが滑りやすいことで、フェデラーも使用している。

ただ、エッグボールを打つことが目的だと、ある程度スイングスピードがないと実現は難しい。

★ CHECKポイント
  • スピン性能が高い
  • 柔らかい
  • スナップバックしやすい
  • フェデラーが使っている

LUXILON アルパワー ソフト


アルパワーをすごく柔らかくしたモデルで、食いつき感を感じられる。

アルパワーの中だったら1番使いやすいモデルだし、食いつきがいいから他のアルパワーのようにスイングスピードが条件になることはない。

打ち出し角度も少し高くなるので、自然とエッグボールに近い軌道を描いてくれる。

★ CHECKポイント
  • 食いつき感が強い
  • スイングスピードの条件なし
  • 打ち出し角度が高い

LUXILON 4G


パワーがあるのでボールがよく飛ぶという印象が強いガット。

なにもしなくてもスピンがかかるので、フラット系で打った方がエッグボールに近くなるかも。

真ん中で打った時の打球感が柔らかく、少しでもスイートエリアから外れてしまうと硬く感じる。また、ボールが飛ばなくなる。

★ CHECKポイント
  • パワーがある
  • スピン性能が高い
  • 真ん中で打つと柔らかい

LUXILON 4G ラフ


4Gよりもスピン性能が高く、ラフ加工により柔らかい打球感が向上。

アルパワー・ラフとは違い、厚くインパクトできればスイングスピードが速くなくても、エッグボールになりやすい。

筋力があればスナップバックを最大限に発揮できる。

★ CHECKポイント
  • スピン性能が高い
  • 厚くインパクトできる人向け
  • スナップバックしやすい

YONEXPOLYTOUR FIRE


厚く当てることができるなら、ポリツアー・ファイアが最適。

ハードヒットすればするほど威力がまし、スピードボールが打てる。

製法によりスナップバック効果が向上し、スピンがかかりやすいモデルになっている。

★ CHECKポイント
  • パワーがそのまま伝わる
  • スピードボールが打てる
  • スピンがかかりやすい

まとめ

エッグボールが打ちやすいガットの紹介でしたが、気になるガットはありましたか?

結果的に見たらルキシロンのガットが大半を占めてしまいましたが、これはルキシロンなのでこのようになっても仕方ありません。

詳しくは【プロ参考】ルキシロンなら自分に合ったガットが必ず見つかる説で説明しています。

エッグボールを打つためには、技術だけでなくガットにも大きくかかわっているので、参考にしてみてください。

エッグボールの打ち方ついてはエッグボールの打ち方、コツ、打てる条件で紹介しています。

エッグボールが打ちやすいラケットについては【ストローカー向け】エッグボールが打ちやすいラケット11選をご覧ください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事