あなたは1試合でどれだけのミスをしているか数えたことはありますか?

自分の試合のデータを取ってみると、ポイントの多くがどちらかのミスで決まっていることがわかります。

今回はフォアハンドでミスしないコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ミスの種類

1.フォースドエラー

相手がいいショットを打ってきたためにミスをしてしまった場合。

2.アンフォースドエラー

自分の技術の低さが原因で、なんでもないようショットに対してミスをしてしまった場合。

3.判断ミス

打つべきではない時に、そのショットを選択してしまうという判断ミス。

ミスは大きくわけてこの3つです。

1番目のミスは相手がうまいのだから仕方がないとして、2番目のミスは避けたいですね。

相手からしたら勝手にミスってくれて「ありがとう」、このように思っているだろう。

私ならそう思います。

なので、今回は2番目のアンフォースドエラーを減らすため、ミスの少ないテニスを目指していきましょう。

スイングを安定させるポイント

股関節のひねり戻しで安定感を出す

フォアハンドを安定したスイングで打つには、股関節をひねることを意識しよう。

テイクバックの時に股関節をひねり、スイングしていく時にひねり戻しの力を使うことで、エネルギーが生まれます。

股関節周辺にはたくさんの筋肉があるので、大きなエネルギーになりスイングに安定感を出すことができるんですね。

股関節のエネルギーを使わないと腕の力に頼ってしまい、パワー不足とスイングの不安定になってしまいます。

また、股関節のひねり戻しを使う時にひざを伸ばしすぎると、上下動が大きくなるので正確なインパクトができなくなるので注意しましょう。

>>軸を使ってフォアハンドストロークを打とう!

>>テニスの動きを良くしたいならファンクショナルトレーニングがおすすめ!

インパクトでは3cmこすりあげる

ショットを安定させるためにはスピンをかけることが大切ですが、ただこすりあげるだけのスピンでは、かすれた当たりやミスヒットになります。

研究結果によると、インパクトの時にボールはガット2〜3本にしか触れていないらしい。

そのため、3cmくらいこすることができれば、十分なスピンをかけることができ、ラケットの上下動が少なくてミスヒットを減らすことができます。

さらに上下動が少なくていいので、より前から後ろへの動きができてショットに威力を出せます。

>>フォアハンドストロークの基本を間違えている人が多い!今すぐ見直そう!!

大切なのはボールが離れる瞬間の面の向き

ボールを打つ時に、ボールが来た方向と打つ方向の角度はそれほど気にしなくていい。

ボールのコントロールはインパクトで離れる瞬間の最後の面の向きで決まってしまうのです。

よく、「ボールを押すように」という言葉を聞くと思いますが、これは実際には最後の一瞬のことを言っているのだと思います。

スイングを押すようにしてしまうと、スイングスピードが上がりません。

スイングスピードを上げるには、体に巻きつけるようにスイングする必要があります。

その時に、ボールが離れる一瞬だけ押し出すようするとコントロールがよくなってミスを減らせます。

>>インパクトを理解してショットの精度を上げよう!!

テイクバックはシンプルに

ミスをしないショットを打つには、テイクバックする時にリラックスして引くようにしましょう。

リラックスしていることで、相手のボールの変化に柔軟に対応できます。

また、テイクバックをシンプルにすることで、インパクトの準備をしっかりすることができます。

たとえば、「大きく引きすぎる」、「手首をくねらせる」など、人によってはクセが強い人もいますよね。

インパクトの形からずれてしまうと、それだけ修正しなくてはならないので、安定したスイングができません。

なので、極力インパクトと同じ形を作って、シンプルなテイクバックを心がけましょう。

>>フォアハンドストローク 正しいテイクバックの作り方

まとめ

安定したショットを打つには、

  • 股関節のひねり戻しで安定感を出す
  • インパクトでは3cmこすりあげる
  • ボールが離れる瞬間の面の向き
  • テイクバックはシンプルに

この4つを心がけてラリーをしよう。

フォアハンドは打つ回数が多いだけにミスも多くなります。

試合においては、自分のミスでポイントを取られてしまうケースが多いので、フォアハンドを安定させることができれば、試合に勝つことができます。

スポンサーリンク

よく読まれる記事