「インパクトの直前で力を入れるの?入れないの?」

「それともインパクトの時だけ力を入れる?」

このように思う人に向けて書いています。

インパクトでは力を入れるのかどうかって、ショットの質をよくするためには必要な要素です。

だからこそ、あなたも気になったことがあるんじゃないですか?

今現在も気になっていますよね。

これを解決できないと、テニスを続けるなら一生悩むことでしょう。

今回は、インパクトでの力加減について説明したいと思います。

スポンサーリンク

インパクトでは力を入れるが正解

まず始めに断言しておきますが、インパクトの瞬間だけは力を入れます。

その理由として、相手から飛んできたボールに対して、パワーを衝突させるわけですから、力が抜けたフニャフニャ状態では、衝撃に負けてしまいます。

ラケット面の中心で捉えることができるのなら、力を入れなくても問題はありません。

しかし、常に真ん中で捉えられるほど簡単ではないですよね?

手出しのボールを打っているならまだしも、動いているボールを完璧に捉えるのは不可能でしょう。

プロだって真ん中で打てることあまり多くないですよ。

スイートスポット内なら、80%くらいでしょうか。

プロにできないのに一般のプレーヤーができるわけがありません。至難の技ですね。

サーブに関しては、インパクトの時に手首を返す(プロネーション)ため、ある程度インパクトで力を入れます。

ショットによって力の使い方は違いますが、どのショットでもインパクトでは力を入れることを覚えておきましょう。

基本は脱力をしておくことが大切

ショットの完成形はスイングスピードが関わっています。

プロのスイングスピードはかなり速いのがわかると思いますが、あのスイングスピードがあるからこそ、高次元のストロークだったりサーブが打てるんですね。

レベルの差は置いといて、ショットの質だけで考えると、スイングスピードが速い人は鋭いストロークを打っています。

スイングスピードを速くするためには脱力が必要で、先ほどインパクトでは力を入れると説明しましたが、ほんとにギリギリまで脱力していないと、インパクト寸前で減速します。

質の高いストロークを打つためには、スイングスピードが1番速い時にインパクトする必要があるので、基本は脱力で力を入れるタイミングで一気にラケットヘッドを走らせましょう。

フォアハンドの手首の使い方については「フォアハンドの手首の使い方」をご覧ください。

自然に力が入る感覚を覚える

これは最終形態で、ボールが当たった瞬間に握ることができたら、力の入れるタイミングは完璧です。

当たった瞬間に入れることは実際不可能ですが、実は感覚しだいではできるんですよ。

人間ってどこかに力が加われば、体の自然な反応として力が入りますよね?

例えば野球のバットを振ってみましょう。

脱力して思いっきり振ると、勝手に力が入りませんか?

それは、遠心力に負けてバットを投げないようにするために、無意識的にやっていることなんですよ。

そのため、完全に脱力していても、ボールを打った衝撃を感じることができれば、自然と力が入ります

これなら最高速度の状態でインパクトを迎えることができますね。

自然に力が入るため、意識して力を入れる必要がなく、ただし感覚は研ぎ澄ましとかないと衝撃に体が反応できません。

この感覚を覚えたら、あなたはインパクトの力加減が完璧と言えるし、自然に起こる現象なので、1度覚えれば体が忘れないでしょう。

インパクトの精度については「インパクトについての詳しい説明」をご覧ください。

まとめ

インパクトはボールを打つところなので、とても重要なんですね。

インパクトでは力を入れること!

ただ、力を入れるといっても意識的にやるのではなく、人間の反応を利用した自然な力でインパクトすることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事