テニスはサーブから始まるスポーツ。ポイントの最初のショットは必ずサーブから始まるので、避けて通ることはできません。

そんなサーブが不調の時にできることを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

サーブが入らない

サーブが入らないとポイントが始まりません。

とくにサーブ&ボレーの時にサーブが入らないと、戦術の1つとして成り立ちません。

結構多くある原因の1つに、ひじが下がってしまうことがあります。

ひじが下がってしまうと、スムーズにスイングできなくなり、打点もいつもより低くなってしまうのです。

その結果、サーブの確率が悪くなり、威力やスピンも弱くなってしまいます。

とくに、サーブ&ボレーをしようとする場合は、前に行く気持ちが強くなって、打点が前になったりすることがあります。

まずはサーブをしっかり打ってから、次の行動を考えましょう。

スポンサーリンク



狙ったところにコントロールできない

サーブでコースを狙う必要があるということは、相手に返される確率が高いということがあります。

そうなってくると、落ち着いてサーブを打つのは難しくなります。

原因は、打つときに相手を意識しずきてサーブに集中することができていません。ボールをしっかりインパクトすることすら忘れています。

まずはインパクトがしっかりできているかを確認しましょう。

そうすることで、相手を意識しすぎることがなくなり、スイングに集中することができるようになります。

相手を見ることは大切ですが、自分のスイングができなくなっては意味がありません。手元に注意してみましょう。

スピンサーブが跳ねない

サーブは入るけど、しっかり跳ねてくれない。2ndサーブに不安があると1stサーブをいれなきゃいけない気持ちになり、プレッシャーがかかってしまいます。

跳ねない原因としては、足の力を十分に使えていないことがあげられます。

サーブの中でも、スピンサーブは1番足腰の筋力が必要なので、足腰の力が使えていないからスイングスピードが上がらず、十分にスピンをかけることができていないと思ってください。

緊張したり調子が悪いと、つい手元ばかりが気になってしまいます。

まずは大きな筋肉を使うことに意識してスイングしましょう。

スポンサーリンク



リターンが厳しい

リターンが強い相手はよくいます。悪いサーブを打っているわけではないのに、いいリターンが返ってくるので、攻めることができない。

原因としては、相手のリターン力がいいか、サーブのコースが悪いかのどちらかです。

相手の守備範囲内だと、どんなに強いサーブを打っても、簡単に返されてしまいます。

まずは、相手を観察することが大切です。リターンが強くても、弱点がないわけではありません。

必ずどこか苦手なコースがあるはずです。それは試合が進むにつれてわかってくるので、よく見ながらコースや球種を選びましょう。

まとめ

サーブは1番最初のショットで、リズムがないからこそ難しく、入らなければポイントが始まらないというプレッシャーもあります。

サーブが調子いいときの感覚を覚えて、不調のときに比べましょう。なにが悪いか明確になるはずです。

またサーブの調子は自分の状態だけでなく、相手からのプレッシャーも関わってきます。

まずは落ち着いてしっかりスイングできるようにしましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事