サーブを打つときに必ず足を強打してしまう人っていますよね。

あなたはサーブを打った時に、足を強打してしまうことはないですか?

私もいつもサーブを強く打とうとすると足を強打してしまいます。

そんな人は何が原因で足を強打してしまうのでしょうか。

今回はその原因についてと、どのようにしたら防げるのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

足を強打する原因

プロネーションが遅い

まず1つに、プロネーションのタイミングが遅いこと。

プロネーションのタイミングが遅いとラケットヘッドがうまく返らないので、足に当たってしまうことになるのです。

遅れているということは、インパクトの後にプロネーションをしているので、ボールにパワーを伝えられていません。

プロネーションが遅れるだけで、パワー不足と足を強打するなど、いいことがないので今すぐ直したいですね。

体が回っていない

体をしっかり回していないと、スイングが窮屈になり、ラケットを振り抜いていくスペースがないので体にぶつかってしまうのです。

体を回すことで、体の左側に向かってラケットを振りぬくことができます。

パワー不足の原因でもあります。

体がしっかり回っていないと鋭いスイングができないので、ボールをはたけません。

スポンサーリンク



解決方法

サーブの素振りをします。

1番大きく高い音がなっているのはどこですか?

前方の方になっていませんか?

これだとインパクト後にスイングが速くなっているということなので、パワーが伝わっていない証拠です。

頭の上で音がなるように、早いタイミングでプロネーションをしましょう。

肩を回して、8の字を書くようにすれば、自然と体の左側に振りぬくことができます。

スイングの音が意識せずに頭の上でなっていると、パワーも出せるし、足を強打することもなくなってきます。

まとめ

足を打ってしまうのは、スイングがうまくできていないから。

しかし、それは伸び代でもあります。

まだまだサーブが上達する可能性が、足の強打に出ているので、スイングを改善しましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事