ちょっと前までは、ボールを乗せて打つような感覚でしたが、ラケットの進化により最近では、弾くように打つプレーヤーが増えてきました。

今回は、最近のラケットに合うガットと打ち方の紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

進化したラケット

近年ラケットはものすごい進化を遂げていて、フレーム厚が薄いものでもパワーを出せるようになっています。

少し前までは、厚ラケといって、フレーム厚が厚いラケットが、パワーを出しやすくて、人気のあるラケットでした。

現在では、フレーム厚が薄いものでも簡単に飛んでパワーが出せるので、厚ラケが少なくなってきています。

打ち方も変わってきている

前の打ち方は、押し出すようにボールがラケット面にのっている感覚で打っていました。

しかし、現在のラケットでは、押すように打たなくても、ラケットが飛ばす力を持っているので、弾くようになっています。

今まで押して打つようにしていたプレーヤーだと、飛びすぎてアウトすることが増えます。

>>フォアハンドはフルスイングで成長する!得られる効果とは?

ガットが選べるようなった

ラケットにパワーがあるので、飛ばないガットの需要がでてきました。

ポリガットは固くて飛ばないから、使っていない人が多かったと思いますが、ラケットにパワーがあることで、ポリガットを張ることができます。

押して打つスイングだと、ポリガットはすぐにボールが離れてしまうので、難しかったのですが、弾くようにすれば、ポリでも問題ありません。

むしろ弾くように打つのが適しているラケットだから、弾くガットの方が合っているのです。

ポリガットの弱点として、飛ばない、パワーがないことでしたが、ラケットにパワーがあるので、ポリガットの弱点がなくなり、強みである耐久性だけが残りました。

今まで張るのを避けていた人には、弱点がなくなったので使いやすくなっていると思います。

また、ポリガットは耐久力に優れているので、経済的にも少し楽できます。

今まで使っていなかったから、いろいろなポリガットを試してみたい人には、そっちに費用を回せます。

>>自分に合ったガットを見つけ方!3つの項目から判断しよう

乗っている感覚がほしい

いくら弾きがよくなったとしても、今まで乗せている感覚でやっていたので、少しは乗せるようにしたい。

そう思っている方もいるはずです。

そんな時は、ポリガットを低いテンションで張りましょう。

ポリガットなら、低いテンションで張ったとしても、ガットが伸びないので飛びを抑えることができます。

この選択をすれば、パワーとスピード、耐久性のすべてをバランスよく組み合わせることができます。

まとめ

ラケットもガットも常に進化しています。

ラケットの進化によって、今まで使いずらかったガットも生きてきます。また、ガットの進化でいろんな人に対応することができるようになってきました。

今まで避けてきたガットも実はすごく合っているなんてことがあるのかもしれません。

スポンサーリンク

よく読まれる記事