自分のボレーがとんでいく方向は予測できるけど、ここに打つってほどピンポイントに狙うことができますか?

これ結構難しくて、私も習得したのがテニス歴6年目の時でした。

結構かかっちゃってますね。今だったら1ヶ月以内でできるんだけどなーって自身はあります。

知識がなければかなり難しい技術で、強いボレーを打てる方はちらほらいるけど、コントロールがずば抜けていい選手はあまり見ません。

やっぱりそれだけ難しい技術なんだなーって今でも思います。

でも、できていないのは知識が足りていないだけであって、理解することができれば遅くても3ヶ月かかりません。

だからこの機会に、ぜひピンポイントを狙える安定感抜群のボレーを身につけてほしいと思います。

スポンサーリンク

コントロールするには手首の力を抜く

手首が固まっていれば、たしかにコントロールはできますし、力負けすることもすくなくなります。

しかし、ボレーではソフトなタッチがなによりも重要とされていて、力負けしないことも大切だけど、それと同じくらい大切なのがコントロール。

コントロールするためには、1度ラケット面にボールを乗せなくてはいけないので、ボールをキャッチするような柔らかいタッチが必要になるんですね。

ソフトタッチができるようになれば、決めのボレーとドロップボレー、どっちも打てる状況を作ることができます。

もし手首が固まっていたら、決めにいくボレーはできてもドロップボレーは難しくなるので、選択肢が1つしかないことになってしまいますよね?

相手にとっては選択肢が少ないほど楽な展開はないので、迷わせることができないというのはボレーでプレッシャーをかけられないということ。

本来なら相手に精神的ダメージを与えたいのが、自分へのダメージになってしまいます。

これはボレーが苦手な方にとっては致命的で、さらなるボレーへの苦手意識が芽生えてしまいそうですね・・・

>>ボレーする時に力負けする方へ、インパクト時の体の向きを知ろう

力を抜くには握手の時のように自然な形にする

手首の力を抜けない人がやりがちなのが、ラケット面が立ちすぎていて手首に力が入っていること。

これでは力負けはしなくても、ボールをキャッチするような柔らかいタッチはできません。

そのため、握手する時のような形でラケットを握ります。

このような形なら無理に力も入らないし、力負けしないちょうどいい手首の形だと言えます。

このへんは脱力して打つストロークにも似ているところがあるので、ストロークで脱力できる方にとっては、それほど難しい技術ではないですね。

私自身、ストロークで脱力ができるようになったと同時期にボレーの力加減ができたので、感覚が似ているのでしょう。

>>インパクトでは力を入れるの?入れないの?

まとめ

安定するボレーについて、力加減ができる手首の形がわかりましたか?

力を入れすぎないように、握手する自然な形でラケットを握るようにしましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事