バックのハイボレーはボレーの中でも1番力が入りづらいところです。

ストロークでも同じです。バックの高いところが1番返しにくいですよね。

だからこそボレーでも狙って打ってくる人も多いのです。バックハンドにロブが来たら打ち抜くことができますか?

たとえチャンスボールだとしても、ミスしてしまうことって多いですよね。

今回はバックのハイボレーを確実に決める方法を紹介します。

スポンサーリンク

バックのハイボレーの打ち方

バックのハイボレーは力が入りにくいもの。

しかし、入りにくいだけでポイントさえわかっていれば打てないわけではありません。

ハイボレーのポイントは、

  • 上半身をひねってテイクバック
  • ラケットヘッドを立ててインパクト
  • 腕全体で押し出す

このポイントができれば十分に決められる威力を出せます。

では、1つずつ説明していきますね。

上半身をひねってテイクバック

バックのハイボレーを打つ時は、上半身をひねってパワーを出していきたいですね。

フォアボレーでは上半身をひねらなくても、ある程度強くボレーを打つことができますが、バックボレーは力が入りにくいため、上半身のひねりが必要です。

ひねらずに打つとパワーを出すことができないため、ボールの勢いに押されてしまうということなんですね。

ただ、ひねる時にも注意が必要で、ひねりすぎるのもミスの原因になってしまいます。相手に背中が見えるほどひねると、かすれた当たりになってしまうので威力が出せません。

ネットに対して真横を向くくらいのひねりがベストでしょう。

>>[解決]ボレーでやりがちなテイクバックについて

ラケットヘッドを立ててインパクト

力が入りにくいバックボレーでは、ボールがラケット面の中心から少しズレるだけでラケット面がブレてしまいます。

ラケット面がブレると、パワーが伝わないだけでなく、コントロールすることを難しくなってしまうんですね。

そこで意識したいのがラケットヘッドを立てた状態でインパクトすること。

ラケットヘッドを立てることによって手首に力が入りやすくなるので、パワーを伝えやすくなるんですね。

パワー伝われば相手のボールにも負けないし、1発で決めることだってできます。

>>ボレーでのラケットヘッドの立てすぎはNG!

腕全体で押し出す

そして最後に、スイングをする時には腕全体が1つの棒になっているようなイメージを持ってスイングしましょう。

高いボールだと、つい叩きつけるように切るようなスイングになっていたり、手首を使ったスイングになってしまいがちです。

>>安定感抜群のボレーを打つためには手首の形を意識しろ

テニスクラブや部活を見てみれば、半数以上の人が間違ったスイングになっていると思います。あなたは腕全体でスイングできていますか?

バックのハイボレーは力が入りにくいからこそ、余分な動きはせずにスイングしたいのです。そのため、腕全体が一体となっていることが大切。できれば、肩甲骨から一体となるよう意識できるといいですね。

まとめ

バックのハイボレーのポイントは、

  • 上半身をひねってテイクバック
  • ラケットヘッドを立ててインパクト
  • 腕全体で押し出す

力が入りにくいバックボレーでは、なにか特別な動きでパワーアップさせようとしてしまいがちなので、シンプルにラケット面がブレないことを意識しましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事