今はYouTubeでテニスの勉強ができるようになりました。

お金をかけずに知識を学べるというのは、良い時代ですね~。

私がテニスを始めたときには、本やDVDからクラブの見学までめちゃくちゃ情報収集に使いましたよ(笑)

スポンサーリンク

YouTubeでは知識の勉強にしかならない

ざっくり結論から申しますと、YouTubeでは知識を増やすことくらいしか学ぶことができません。

というのも、あなた自身に教えているわけではないから。

目で見たことをそのままコピーできてしまうような、洞察力が優れているという方はいます。これは一部の例外ですけど。

ほとんどの人は見ただけでコピーはできないでしょうから、やはり教えてくれる人がいないと上達への道は遠いいかと思います。

スポンサーリンク



YouTubeでの上達が厳しい理由

さっきの説明で納得されていない方もいると思いますので、ここからはもうちょっと詳しい説明をしていきます。

1.あなたに教えているわけではない

さきほどもちょろっと言いましたが、YouTubeは勉強の場所になるだけで、あなたに教えているわけではないんですよね。

なかにはテニスについて解説している動画があります。とても素晴らしいです!

しかしそれは、あなたができていることかできていないことか、わかったうえで動画を見ることがとても重要になります。

テニスのフォームというのはある程度固定されているものの、要点さえ押さえていれば違う形になってもOKだから。

プロのフォームを例にとってみますと、一見おかしなフォームをしている選手は結構多くいますが、世界で活躍しています。

動画を見てそのとおりに改善したとしたら、あなた本来の打ち方から遠ざかってしまう可能性がありますよね。

そのため重要なことは、あなたのフォームを見て直接指導してくれる人の存在が必要になってくるわけです。

このことを考慮すると、YouTubeで勉強するだけでなく、指導者の必要性がわかると思います。

2.打った回数だけうまくなる

簡単な話、テニスというスポーツは打った回数だけうまくなります。

どんなことにも言えますよね。経験が大切なんです。

動画を見たからといってうまくなるわけではありません。なったら天才ですよ(笑)

私自身よくあることなのですが、グランドスラムなどプロの試合を見た後、なんかテニスがうまくなっているような気がして、実際やってみる変わらない。。

こんなことありませんか?(笑)

まさにこれが見ただけではうまくならないということです。

打てば打っただけうまくなると言いましたが、もちろん人によって成長速度は違います。

ただ1つ言えることとしては、練習をした分だけ確実にうまくなっていくこと。

これは間違いないです。

たまに全然うまくならないという人を見かけますが、それは練習不足でしかないですね。

人と同じくらい練習してもだめなら、その人にとってはもっと練習する必要があるということ。

クラブや部活だけで足りないという人は、クラブを増やすか自主練が必要になります。

YouTubeはあくまで知識の勉強であって、テニスの動きというのは実戦で覚えましょう。

3.うまい人とラリーをすることが重要

上達するの大切な要素として、うまい人と練習することが大切です。

実際にうまい人のボールを受けてみてください。全然違いますから。

これはとても重要で、ストロークで言うなら、

  • ボールの質の違いは?
  • 1発で打ち負けてないか?
  • スピン量に違いはあるか?

など、打ってみて初めてわかる要素というのがたくさんあります。

プロでも同じことが起こっていて、格下の選手は格上の選手と対戦することで、どんどんレベルアップしていきますよね。

これは戦っているステージが違うだけで、誰にでも共通していることです。

そのため、この点もやはり動画を見ただけでは埋められないというか、経験値が得られないというか、って感じですね。

スポンサーリンク



YouTubeを見たら実践してみる

さて、せっかくYouTubeで勉強したのなら、それを発揮してみないのはもったいないですよね。

YouTubeで勉強したこと、次の練習の時にコートで試していますか?

YouTubeを見るまではインプットとして素晴らしいです。ですが、それを自分の物にできるかどうかはアウトプットしだい。

プレイヤーにしろコーチにしろ、コート上で発揮できなくては勉強した意味がないですよね。

なかには動画を楽しむだけに見ているという方がいますが、上達を目的にしていないのなら全然OK!

少しでも上達思考があるのなら、YouTubeで知ったこと、覚えたことはなるべくコートで試してみましょう。

うまくなりたいならレッスンしてもらって

うまくなりたくてYouTubeを見ている方は多いと思いますが、上達できるかどうかは正直練習量が重要になってきます。

なので、お金に余裕のある方はレッスンをなるべく受けましょう。

月額1万円前後で受けることができるので、練習の場としてはもってこいですね。

さらに「自分のことをしっかり見てもらいたい!」いう方はプライベートレッスンがおすすめです。

プライベートレッスンなら、さきほど説明した上達しない理由の1~3までを、すべて解決することができます。

そのかわり金額の面から見たら3倍以上するので、お財布とよく相談をしてから考えるようにしてください。

スポンサーリンク



YouTubeで勉強する意味はある

YouTubeで勉強するだけでは上達はしないと言いましたが、無意味ではありません!

できることなら勉強した方がいいです。

ときどきYouTubeを見れば平気といった声を聞くことがあったので、練習不足になってはいけないと思ってまとめました。

雨の日や暇なときは、ぜひYouTubeで勉強をしましょう!

かっしーチャンネルで管理人ぼぶを応援してください。

撮影でわかった改善点は誰でも参考になります⇒久しぶりにストローク練習の動画を撮ったけど、修正点多すぎるんだよな~【初!練習動画】

スポンサーリンク

よく読まれる記事