【当たりが厚くなる】フォアハンドのテイクバックは左肩を使うべし

フォアハンドで左肩を使う意識していますか?

  • 意識しなくてもできる人
  • 意識して使ってる人
  • 左肩って関係あるん?て人

に分かれると思います。

そもそも左肩に対して意識を持ったことがない人もいるでしょう。

フォアハンドはテイクバックの左肩の使い方で劇的に上達します。

スピン量が増えたり、コントロールがよくなったり、打ち負けなかったり、いいことばかりです。

もし肩を今く使えていないとしたら伸びしろ満載なので、ぜひ最後まで読んでいってください。

フォアハンドのテイクバックは左肩だけ意識

フォアハンドのテイクバックって何を意識していますか?

ラケットの引き方とか、スタンスの広さとか、日頃から意識している部分はいろいろあると思います。

ぶっちゃけ、左肩だけ意識すれば最低限OK。

何がOKかというと、左肩を回せば体幹のひねり戻しを使えるからです。

スイングの力って体幹のひねりが大部分を絞めてるんですけど、左肩を回す意識にすると体幹は自動的にひねられます。

足とか、ラケット持つ手とかを意識したとしても、自動的に体幹はひねられないですよね。

もちろん最終的には、今例にあげた部分を含め、すべての部分がバランスよく使われることが理想です。

しかし、意識するものが多すぎてもバラバラになるだけなので、今回はテイクバックのポイントになる左肩の説明をしました。

あと左肩に意識することの何が良いかって言うと、この後スイングに繋がっていくわけですが、力んでも影響が少ないこと。

右腕に意識する力みますよね。

右腕ってスイングする中で柔らかく使わなくちゃいけないのに、意識すると筋肉が固まる。こんな経験ないですか?

左肩に意識がいくと、右腕の意識が薄れて、結果的柔らかくスムーズなスイングになります。

しかもテイクバックで意識するだけだから、スイング中に少し固まってもスイングに影響はほぼありません。

フォアハンドでは、忘れられがちな左肩も、実はすごく大事な役割を担ってるんです。

テイクバックで左肩を回してうまく使う方法

「テイクバックで肩を使うのはわかったけど、それがうまくできない」

という方は多くいると思います。

このテーマに限らず、どんなことでも最初は難しいですよね。

でも安心してください。方法はいくつかあります。

今回は、テイクバックで左肩を回す方法を3つ紹介します。

  1. 左肩にアゴを乗せる
  2. 左手のひらを相手に向ける
  3. 左手でラケットを引く

3つあるので、どれかしらは自分に合った方法でできるはず。

では、1つずつ解説していきます。

1.左肩にアゴを乗せる

テイクバックの時に左肩をねじり入れる意識が難しい人は、左肩にアゴを乗せるイメージがおすすめです。

実際に乗るわけではないですが、くっつけるイメージだと左肩が入りやすくなるはず。

あまりテニスの会話でも出てきませんよね。でもそのイメージはわかりやすいと思います。


引用:テニス動画.com

ジョコビッチが構えた時なんかは、まさに乗っているように見えますよね。

こんな感じでテイクバックできれば、左肩はバッチリ使えていて言うことないです。

2.左手のひらを相手に向ける

さっきのジョコビッチはやってませんが、手の平を相手に向けることで肩が内旋して左肩がグッと入ります。


引用:テニス探求塾

ティームのフォアハンドが一番わかりやすいと思います。

左手のひらが相手を向いていますよね。

ちょっとその場でやってみてください。手のひらを相手に向けると同時に肩が入ります。

体が回ってるけど、一瞬の溜めがいまいちという方におすすめの方法です。

3.左手でラケットを引く

いっそラケットを引く段階から左手を使いましょう。

左手でラケットを後ろに持っていくためには、遠くまで体を回転させなければいけません。

ですが、これでテイクバックは完了します。


引用:日経スポーツ

ラケットの左手で持っていくことでわかりやすいのは錦織です。

「いつまで左手で支えてんねん」くらい左手で後ろに持っていきます。

実は私もこの方法で、左肩をうまく使えるようになりました。

体幹で打つイメージもやりやすいので、ぜひ試してみてください。

まとめ

左肩がうまく使えると、4つのメリットがある。

  • コントロール力アップ
  • スピン量アップ
  • 打ち負けない
  • 体幹を使った打ち方がやりやすい

このメリットは大きいので、絶対と言っていいほど左肩は重要です。

そして、左肩をうまく使う方法が3つ。

  1. 左肩にアゴを乗せる
  2. 左手のひらを相手に向ける
  3. 左手でラケットを引く

どれが合ってるかはやってみないとわからないです。

でもどれかしらはヒットすると思いますので、次の練習の時にでも試してみてください。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめぼぶのテニスTV