あなたはバックハンドを片手か両手かで悩んでいませんか?

私も半年くらい悩みましたが、結局両手にしました。

今回は、バックハンドで悩んでいる人に特徴を紹介します。

スポンサーリンク

片手のメリット

  • 強く打てる
  • ボディの対処がしやすい
  • 遠いボールも打ちやすい

強く打てる

打点が前にとれて、スイングも大きくできるので、遠心力を利用したスイングができます。

スイング距離が長くなるぶん、大きなパワーを生み出すことができます。

ボディの対処がしやすい

リターンの時など、速いショットに対応する時に、片手だと自由がきくため、返しやすいです。

遠いボールも打ちやすい

片手で打つ分、リーチが長くなるため遠いボールでも返しやすくなります。

>>片手バックハンドはトップスピンが打ちやすかった!

>>片手バックハンドでも両手に対抗できる方法を解説!

両手のメリット

  • 高い打点が打ちやすい
  • イレギュラーに対応できる
  • 振り遅れても抑え込める

高い打点が打ちやすい

肩より高い打点では、力が入りづらくなりますが、両手では後ろの手で抑え込めます。

イレギュラーに対応できる

思わぬバウンドにも両手で持っているため、操作性があがり、対応しやすくなります。

振り遅れても抑え込める

少し振り遅れたとしても、両手で持っているため、間に合わせることができます。

>>両手バックハンドでスピンを打ってナダルのような展開に!

>>両手バックハンドで最も簡単で攻撃できるのがレベルスイング!

場面別のショット

どの場面でどのようなショットを選んだらいいかって、なかなか難しいです。

そのポイントが終わった後に、選択ミスを悔やんだりすることが多いんではないですか?

まずは、それぞれの球種から考えましょう。

フラット

無回転な分リスクも大きいフラットは攻撃的なショットです。

打つことがあまり多くはないが、チャンスボールで有効です。

スピン

トップスピンでは、安全で攻撃のできるショットです。

ミスしないように確実に入れるためのショットですが、角度や深さをコントロールすると、攻撃もできます。

スライス

滞空時間が長いので、主に守備の時に効果を発揮します。

バウンドが低く相手に攻撃させないことからも、時間を作れます。

ショットの選択

どのショットを選択するかの基準の1つに滞空時間があげられます。

攻撃したい時は、短い時間での返球。守備に回っている時は、長い時間を作ることが大切です。

次に何をしたらいいかわからなくなってしまう人は、この特徴を覚えておいて、選択すると迷いが少なくなります。

スポンサーリンク



バックにくると固くなる

ラリー中にバックにくると、肩に力が入って、動きが固くなってしまう人もいるかと思います。

苦手意識があると、うまく打つにはどうしたらいいか考えたいのに、そんな時間もなく、打つことってよくありますよね?

そんな時は、どのようなショットにしたいかを考えます。

どのコースにどんなショットを打とうか決めると、集中できるので苦手の固さはとれます。

先ほどと同じ、攻められていたらどうしたらいいか、など考えるのもいい方法だと思います。

>>試合で勝てない人に足りないこと!練習とメンタルの関係

まとめ

バックハンドを真剣に考えている人ほど、悩んでしまいがちです。

そんな研究熱心な人は、どちらを選んでも打てるようになるでしょう。

私は身長が低いため、高い打点を打つ機会が多かったので両手にしました。

まずは、片手と両手の特徴を理解して、それぞれの球種が打ちやすいかで判断するのがいいでしょう。


当サイトでは、テニスに関する情報を経験をもとに、あなたのテニスに対する悩みを改善できるよう、わかりやすく説明しています。

運営者情報はこちらから


スポンサーリンク

よく読まれる記事