あなたはバックハンドで重いボールを打つことができていますか?

フォアハンドに比べて攻撃力がないと、狙い打ちされてしまう場合があります。

今回は、バックハンドで重いボールの打ち方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バックハンドで打てるとチャンスが広がる

ほとんどの人がフォアハンドの方が威力があって、スピードがあって、スピンがかかっていると思います。

それは自分自信が1番わかっていることですよね。

だからこそフォアハンドにくれば自信もって打つことができるし、バックハンドにくれば緊張します。

プラス、そのメンタル面の状況がよりストロークにも影響してきます。

フォアハンドなら自信があるからリラックスしてスイングスピードが速くなり、バックハンドは苦手だから緊張してガチガチなスイングになってしまう、、、

フォアハンドの方がいいストロークを打てるのは当たり前でも、メンタルの要素でさらに差がでます。

だからこそ、試合になれば誰でも相手の苦手ところ、バックハンドを狙って展開する戦略を考えます。

そこで攻撃的に打つことができたら強いと思いませんか?

>>試合で勝てない人に足りないこと!練習とメンタルの関係

相手に与える影響

バックハンドに重さが加わると、

  • 相手のコントロールを奪える
  • どこに打っていいかメンタルを崩せる
  • フォアハンドを打てる回数が増える

細かく言えばもっといいことがありますが、大きな3つのメリットがこれです。

威力あるストロークが打てると、相手はパワー負けしてコントロールが難しくなります。

そんな状況で的確にバックハンドに打てるとは思えませんよね?

そのため、フォアハンドで打てる回数が多くなります。

あまいストロークがくれば、いつでも回り込んで打つことができます。

結果的に、相手はどこに打ったらいいかわからなくなって、焦るのでメンタルに対してもダメージになるということ。

コートを分割すると、単純に半分はバックハンドでカバーしなきゃいけないのだから、打てた方が展開の幅が広がります。

両手バックハンドでの打ち方

テイクバックで相手に背中を見せる

両手バックハンドでは2本の腕でラケットを持っているため、スイングが窮屈になります。

重いボールを打つには、スイング距離を伸ばして加速させる時間を作ること。

両手で持っている以上、物理的に難しいことはわかりますね?

じゃあ、大きなラケットを引けばいいと思う人もいるでしょう。

しかしそれでは手打ちになりパワーロスを起こして重くなりません。タイミングもズレてしまうでしょう。

ポイントとなるのは体幹を使うこと。

相手に背中を見せるくらい体をひねると、小さなテイクバックでもスイングスピードが速くなります。

スイングスピードが速くなれば重さを出すことができます。

振り遅れたり、力が伝わりにくい時には体のひねりが足りず、手打ちになっているかもしれません。

体全体でスイングすることを意識して準備しましょう。

>>両手バックハンドの精度はテイクバックで決まる

スポンサーリンク



軸足からの体重移動で地面を蹴る

より大きなエネルギーをボールに伝えていくには、体重移動に加えて地面からパワーをもらうこと。

体重が前足にあるのに、強いストロークが打てないことはありませんか?

それは、最初から前足に体重が乗せてあるから。

野球のピッチャーで例えると、後ろ足に体重を乗せてから前に移動させます。

これがいきなり前足に体重が乗っていたら、どうなると思いますか?

前足に乗っていても体重移動ができていないため、前に向かうエネルギーが足りません。

軸足である後ろ足に1度全体重を乗せるイメージでスイングしていきましょう。

それから、体重移動した前足で地面を強く蹴ること。

体重移動すると、前に体が流れてしまうのでバランスを取ることが難しいです。

そこで、余分なエネルギーを上に伝えてさらに振り抜きを速くしましょう。

せっかくのありあまったパワーを無駄にするよりは、利用した方がいいですし、重いストロークを打つには不可欠なエネルギーです。

片手バックハンドでの打ち方

左手を引いて反動を使う

両手に比べたら片手なので、スイングを大きくすることができます。

しかし、ラケット面の安定感や体のバランス感覚を考えると、片手バックハンドも難しいでしょう。

そこで、ポイントとなるのがインパクトする瞬間に左手を後ろに引くこと。

テニスの中で唯一背中の筋肉を使う片手バックハンドでは、力が入りにくいため、回転運動は適していないから。

試しに左手を引いてスイングしてみてください。

鋭くスイングできるはずです。

左手を引くことで、反動を使うことができ、ラケットを持っている右腕のエネルギーが大きくなります。

グリップエンドから振り出してヘッドを走らせる

さらにスイングスピードを速くするために必要なのが、打つぎりぎりまで相手にグリップエンドを見せること。

すでにラケット面が相手を向いた状態でスイングするのと、インパクトの瞬間にラケットヘッドが出てくるのでは、どちらが力強く鋭いスイングになるかわかりますよね?

速く打ちたい気持ちはわかりますが、ぎりぎりまで溜めることで一気に爆発させた方が、大きなパワーをぶつけることができます。

>>片手バックハンドでも両手に対抗できる方法を解説!

まとめ

バックハンドで重いストロークが打てる人はそんなにいません。

だからこそ打てた方が、他の人との差になるし、弱点を突かれることも少なくなります。

フォアハンドが得意なら、バックハンドが打てることで、さらに武器になること間違いなしです。


当サイトでは、テニスに関する情報を経験をもとに、あなたのテニスに対する悩みを改善できるよう、わかりやすく説明しています。

運営者情報はこちらから


スポンサーリンク

よく読まれる記事