練習メニューでよくある手出しなどの緩いボールが打てないなんてことありませんか?

今回は、球出しのボールが打てない原因と対処法を紹介します。

スポンサーリンク

球出しは基本の練習

初心者のときは、この練習が1番打ててよかったのに、ラリーとかできるようになってなぜ球出し練習が難しくなるのか?

こんな悩みを抱えてるあなたは、しっかり構えて打つことができてないのかもしれません。

ラリーなど、ある程度の速いボールでは、当てればそれなりに速いショットが打てるのですが、

球出しでは勢いがない分、しっかり構えて打つことが大切になってきます。

試合中にチャンスボールをミスしてしまったりしませんか。これと同じで、緩いボールは簡単そうに見えて難しいのです。

普段相手の力を利用して打っている人にとっては、自分から打ちに行くことが少ないので、よけいに難しく感じるでしょう。

手出しなんかは基本中の基本、これができないと応用なんかはとてもできませんよね。

>>フォアハンドがおかしくなった時の原因と改善法

>>両手バックハンドがうまく打てない時の原因と対処法!

打てるようになるためのポイント

しっかり構えて力を伝える

まずは体重移動を使いましょう。

しっかりとボールの後ろに入っていき、体重を乗せてあげることで、自分からしっかりスイングしていけます。

なんのスポーツでも、助走をつけたほうが強いですよね。

腰から肩の間で打つと、力が入りやすくなって自分のパワーが伝えやすく、コントロールもアップします。

できることなら、バウンドが頂点に行く前に打てるといいです。

落ちてくるところでヒットしてもいいですが、ボールの勢いはもうありません。

ボールの威力を利用してストロークを打つのなら、上がりぎわを狙って打ちましょう。

>>フォアハンドのライジングの打ち方!簡単に打つコツがあった

ボールをよく見る

球出し練習だとフレームに当たってしまうこともよくあると思います。

ラリーと違い、ボールに勢いもなくリズムだってありません。それならボールをしっかり見て打ちましょう。

見てない人、意外と多いです。

ボールを見たほうが真ん中でとらえやすく、顔が残るので、打点でしっかり力を伝えることができます。

目線が相手方向を向いていると、体が開いてしまい、抜けたような当たりになってしまうと思います。

>>インパクトを理解してショットの精度を上げよう!!

まとめ

球出し練習の時は

  • しっかり構える
  • ボールをよく見る

この2つが大切です。

たしかに練習の最終目標は試合で、生きたボールを返しますが、球出し練習は上達するための基本練習なので、しっかり打てるようになりましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事