テニスでは試合中いろんな戦術を使いますが、ほとんどの人が1パターンな戦術しか持っていません。

あなたはどんな戦術を使いますか?

相手によって変えていますか?

今回は相手がシコラーの時に使える戦術を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シコラーの特徴

シコラーとは?

とにかくボールに追いついて返すだけという単純なプレースタイルで、相手のミスを待つプレイヤーのことを言います。

シコラーはとてもしつこく、何回打ってもどこに打っても返してきます。

自分がロブのように返しているので、相手が打つまでにポジションにつけるんですね。

テニスは相手よりも多くコートに返したほうが勝てるスポーツなので、理論的に言ったらシコラーが1番強いのかもしれません。

体力勝負に強い

シコラーはひたすら返すというプレースタイルなので、試合のたびにコートを走り回っています。

そのため、体力には自信があることが多いんです。

もしかした体力に自信があるから、勝つための手段としてシコラーを選んだのかもしれませんね。

>>テニス専用の体力作り!3つの振り回し練習でスタミナアップ!

対 シコラー対策

毎回ロブのようなショットが返ってきたら嫌ですよね。

しかし、唯一いいのは時間があることです。

相手は威力のないロブのようなショットを使ってきますので、時間にだけは余裕ができます。

ところが、シコラーとあたったことのある人は、みんな自滅してしまうんですね。

私も始めて間もない頃は、なぜ負けたのかわからないけど、いつの間にか負けている感じでした。

シコラーとは、1番嫌な戦術であり、みんなそろってミスしてしまいます。

あなたはシコラー相手でも自滅せずにラリーをすることができますか?

まずシコラーに勝つためには、焦らないことがなによりも大切。

>>フォアハンドが安定しない?どんなミスかを理解する

基本的に速いショットが来ないので、時間に余裕があるからです。

自滅してしまうという人は、この時間のせいで、強く打とうとしてしまうのです。

浅いショットが来たら、攻める手段をとるために、基本的には深く打ってチャンスを待つことにしましょう。

>>ストローク戦で上級者に勝てる!攻めと守りの一石二鳥!

ただ返すだけでは、永遠にラリーが続いてしまい、体力勝負になります。

シコラーはそんなプレースタイルを続けているので体力もあり、ラリーを続けることに関してはプロでしょう。

そんな相手に対して、ただ返すだけはやめましょう。

前後にも動かして、相手が楽に返せない状況を作りましょう。

シコラーというのは、追いつくことに徹しているため、コートから下がってポジションしていることが多いです。

ショートクロスなどを使ってポジションを一定にさせないようにラリーをすると、相手もバランスを崩すので、あまくなったり、ミスをしたりします。

ボレーも通用します。前に詰める時間があるので、こちらもポジションを変えて、相手を考えさせましょう。

このようにシコラーでも、ミスをしないわけではないので、焦らずに揺さぶりをかけることが大切です。

まとめ

シコラーを相手にするときは、

  • 焦って打たない
  • 体力勝負は避ける
  • コートを広く使って振り回す
  • ボレーをする

チャンスを作るように展開していけば、必ずポイントを取ることができます。

まずは、罠にはまってミスをしないように心がけましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事