スピンを打つプレーヤーは多くいます。しかし、安定したショットが打てる一方でパワーが出せないと、悩んでいいる人も多くいます。

あなたはスピンにパワーを出すことができていますか?

今回はパワーとスピンを両立させるためのコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

パワーが出せない原因

スピンはかけられるけどパワーが出せない人は結構多くいます。

その原因としてボールをこするだけになっていることがあげられます。

スピンをかけようとする意識からのものですが、こするだけではパワーのあるショットは打てません。

では、どのようにしたらパワースピンが打てるのか説明していきます。

グリップを握らない

脱力という言い方もありますが、グリップはラケットを落とさない程度の力で持ちましょう。

強いショットを打ちたいから、力いっぱい打とうとすると、力みにつながりミスをします。

パワーを出すためには、力の強弱をつけることが大切です。強弱の差が大きいほど、より大きなパワーを出すことができるということなんですね。

そのためにグリップは軽く握ることが大切です。インパクトの瞬間に力を入れることで強弱の差が大きく使えてラケットヘッドが加速します。

>>インパクトでは力を入れるの?入れないの?

手首の形は変えない

スピンを強く打とうとして、飛びを抑えるために面を下にむけてしまう人がいます。

これでは、面の向きが安定しないため、ミスヒットが増えます。

プロの選手のようなショットを打つには、インパクトで絶対に面が下を向かないようにしましょう。

手首の形を変えずにリラックスして打つことができると、パワーのあるスピンを打つことができます。

>>フォアハンド 手首の正しい使い方

インパクトで左足をあげる

パワーのあるショットを打つためには、体の中でも大きなエネルギーを出せる足を使いましょう。

強くスイングすると遠心力で体が回り、左側に流れてしまいます。

これじたいは体を回すことに成功しているのでいいですが、流れた分だけパワーロスになっているんですね。

上半身がしっかり回って、下半身はそのエネルギーをキープさせるために左足をブロックします。体の反作用の力も働くので、より大きなパワーを生み出すことができます。

>>軸を使ったフォアハンドストロークはこちら

フォロースルーでは右肘を高く

フォアハンドは体に巻きつけるようにスイングしますが、肘が下がるとかすれた当たりになり、ボールに力が伝わりません。

肘を高くすると、フォロースルーが上にいくので、自然とスピンがかかり、ボールにもパワーが伝わります。

フォロースルーが低い人は結構見かけるので、1度確認しましょう。

>>フォアハンドのフォロースルーが悪いとボールに追いつけない!?

まとめ

パワースピンのコツは

  • グリップを握らない
  • 手首の形を変えない
  • インパクトで左足をあげる
  • フォロースルーでは右肘を高く

この4つがポイントです。

スピンは安定したショットなのでミスはしませんが、かすれた当たりだとボールに勢いがなく、打ち込まれてしまいます。

安定して攻めていくために、パワーのあるスピンを覚えましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事