サーブで回転をかけるのは、安定させる上で必要です。

しかし、サーブを覚えたてだと、回転をかける仕組みやスイングがわからないと思います。

今回は、サーブで回転をかけるのが苦手な人や初心者の人が、サーブで回転をかけられるようにたるためのコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

回転のかけ方を理解する

回転をかけることができない人は、ボールに対してまっすぐにスイングしていることが多いです。

まっすぐに当てていくと、フラットに飛んでいきます。

では、どうやって当てたら回転をかけることができるのでしょうか?

スライス回転をかけたい時は、ボールの右側を打つことで回転をかけることができます。

スイング方向は右側に向かって振っていくことが大切です。

フォアハンドでスピンをかける時は、上にスイングすることで、下に落ちるように回転がかかりますよね。

それと同じで右側にスイングしたら、左にいくということがわかります。

スイング方向と逆の方向に曲がるということがわかりますね。

スポンサーリンク



スピンをかけられるまでの手順

かかった事実が大事

まずは回転をかける事が大切なので、コートに入れる必要はありません。

最初はとにかく回転をかけるコツを掴んで、いつでもかけられるような感覚を覚えることが大切です。

回転をコントロールする

回転をかけられることができるようになったら、次はいつでも回転をかけられるようにコントロールします。

どれくらいで打ったら、回転量に変化があるのか遊んでください。

思い切って振ってみる

安定して回転がかかるようになったら、思い切って振ってみましょう。

しっかり振り切って回転がかかっていれば、もう回転のかけ方はマスターしているでしょう。

※これだけは注意しよう

回転をかける時に、手首をこねる人がいますが、変なクセがついたり、故障の原因になることもあります。

腕全体を使って、回転をかけられるように注意しましょう。

スポンサーリンク



体全体を使うと打てなくなる

腕だけだと回転をかけることができるのに、サーブとして打とうとすると、うまく打つことができない人もいます。

どうしても体全体で打つとなると、いろいろなところに意識するため、回転をかけるスイングができなくなってしまうことはよくあります。

そんな時は、下半身は動かさないで打ちましょう。

上半身だけなら打てるという人も結構います。

それができたら、少しずつジャンプして打てるようにしていきましょう。

まとめ

回転系のサーブはまっすぐに当てるわけではないので、ズレを理解するのに時間がかかります。

しかし、原理さえわかってしまえばいつでもできます。

サーブの種類が増えれば、そのあとの展開も有利になるので、ぜひこの機会に覚えましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事