テニスのサーブには

  • フラットサーブ
  • スライスサーブ
  • スピンサーブ

この3つがあります。

スピードで攻めていくときはフラットサーブ。

とくに1stサーブの時に多く打たれるサーブです。

テニスではサーブで2回のチャンスがあり、2ndサーブでスライスとスピンを使います。

今回は回転系のサーブを使ってほしいということで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ダブルフォルトはもったいない

一般の大会でもよく見られるダブルフォルト。

非常にもったいないですね。

相手は何もしなくてもポイントが取れてしまうんです。

そこで2ndサーブでは安定感抜群にするために回転をかけていきましょう。

とにかくサーブが入るようにしたいという人は1stサーブで回転をかけていきましょう。

>>超安定の80%入るトップスライスサーブ!

スライスサーブの打ち方

よく見られがちなのがボールの右側をカットするような打ち方です。

これでは横回転はかかりますが推進力がたりません。

そのため威力をだしていくためにプロネーションを使ったスイングが必要になるのです。

プロネーションといってもフラットサーブの時に使うのとは少し違います。

フラットサーブでは手のひらを一気に外側に返していくのに対して、スライスサーブでは面を少し開いた状態から、ボールの右半分をとらえてまっすぐ押し出すようにスイングします。

ここでも注意が必要で、フラットサーブ同様に強く返してしまうと、かすれた当たりになってしまうんですね。

スライスサーブではプロネーションを強くしないので、マスターできてない人やサーブが苦手な人には嬉しいサーブです。

まずはスライスサーブから習得していき、プロネーションを覚えてからフラットサーブを打つのもいいと思います。

スライスはボールの右側を弾くように打つので、巻き込む感覚がある人には少し難しい。

弾く感覚を得るために、思いきってインパクトした瞬間にスイングを止めてみましょう。

スイングが加速するので、巻き込むイメージを変えられるきっかけになると思います。

スライスの感覚を得るための練習法として、ボールを地面につく練習をしましょう。

スライスは切るよりも、はじく感覚で打つのでボールの右半分をとらえてつく練習をします。

はじいて回転をかける感覚が身についたら、その感覚のままアンダーサーブでスライスをかけてみましょう。

この練習をやると、ボールをはじくためのスイングができるようになるため、自然とスライスサーブが打てるようになります。

私もよくアンダーサーブで、スライスをかける練習をしています。

この練習は、はじくための練習ですが、タッチの感覚も同時に養うことができるのでいい練習になります。

>>スライスサーブが1番強かった!攻撃力の理由と打ち方

>>スライスサーブが曲がらない方は必見!

スポンサーリンク



スピンサーブの打ち方

これは特に打てない人が多いサーブになります。

フラットとスライスはボールを後ろから打っていくため自然にスイングできますが、

スピンサーブでは強い縦回転が必要なので、下から上に打つというイメージで打つ感覚がわかりづらい人が多いです。

まず身につけるのは、前への推進力を抑えるため横に振ることを覚えましょう。

ベースラインと平行にスイングしていくことによって、回転をかけることだけに集中することができます。

では、ボールを上にこすり上げていきましょう。

ここでも必要なのがプロネーション。

前への推進力がなくなるため鋭いスイングをすることが大切になってくるからです。

ボールをこすり上げた後に一気にプロネーションします。

これによってスイングスピードが上がり、バウンド後に高く跳ねるサーブになるんですね。

注意することはフラットやスライスと違い、ボールを打った後にプロネーションをすることです。

私がスピンサーブを練習した時は右に飛んでいったり、スライスみたいになりました。

ボールを上に向かって打つ意識に変えてからは、スピンの変化になり楽しくなってきました。

また、トスは頭よりも後ろに上げることも大切です。

頭よりも後ろに上げると、ラケットが下から出てくる軌道のところで打つことができるので、縦回転をかけることが可能に。

スイングする時も、右足を前に出してラケットとくっつけるような感じにすると、バランスがとりやすくなります。

スイングスピードも落とさずに、最後まで振り抜くことができます。

まずは回転をかけるということを意識して、その後にコントロールという流れで練習していきましょう。

>>スピンサーブの基本の打ち方と理解

>>スピンサーブ=薄いグリップは間違え!!

>>ポイント獲得率が3倍に!?キックサーブの打ち方

まとめ

やはりテニスはサーブから始まり2ndサーブだからといって打ち込まれていては試合に勝てなくなってしまいます。

2ndサーブになった時でも自信を持って打てるとプレーにも余裕がでて、焦ることも少なくなります。

ぜひ強烈なサーブをマスターして楽しく試合をしましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事